外壁の塗り替え時期、最適なのはいつ? メンテナンスは早めがおすすめ!


家を守る外壁は塗装剤で守られています。
塗装剤は外壁のデザイン面だけでなく、屋根材や外壁材を紫外線や雨から守る役目をはたしています。
外壁の塗装剤は塗り替える必要があるのをご存知でしょうか。
美しい外観を保つためだけではなく、住宅を守るためにも外壁塗装の塗り替えは必須です。
どれぐらいの時期で塗り替えるのが適切なのかを解説していきましょう。

外壁の塗り替えが必要なワケ

まず、なぜ外壁の塗り替えが必要なのかを解説していきましょう。
塗装には寿命があり、築年数とともに劣化していきます。
塗装が傷んでしまうと屋根材や外壁材が直接紫外線を受けたり雨にさらされたりしますから、住宅全体の劣化や雨漏りの要因となってしまいます。
そうならないよう、塗装が傷んでしまう前に塗り替えを行います。
つまり、家を守るために塗り替えが必要なわけです。
住宅を守るためには日本の木造住宅の寿命である30年のうちに、3回程度は外壁の塗り替えが必要と言われています。

何年経ったら塗り替える?

塗り替え時期の目安は、使っている塗装剤によって違っています。
外壁材別の塗る変え時期は↓こちら。

  • 吹きつけの場合・・・6年~10年
  • サイディング・・・10年
  • ALCパネル・・・10年

これはあくまでも目安です。
実際には外壁がどれぐらい直射日光が当たるのか、湿気のこもり具合はどうかなど、条件の違いによって塗り替え時期は変化します。
同じ住宅でも日光の当たり方によって劣化の速度が違うので、専門家に診断してもらいましょう。
また、傷み具合によっては下地材の塗り込みなどその他の処置も必要になります。
見た目には痛みが少なくても、思ったより費用がかさむ場合もあります。
壁の傷みによって費用が違ってきますので注意が必要ですね。

塗り替えの最適な時期

塗装が剥がれ落ちて劣化してしまってから塗り替えたのでは住宅は守れません。
塗装の劣化は

  • 塗りたての時のツヤがなくなる
  • 色の彩度が落ちて変色し始める
  • チョーキング現象が起こる(表面が粉っぽい状態になる)
  • ひび割れ、クラッキングが起きる
  • 塗装がはがれる

この順番で起こります。
なるべく早い時期に、塗装の劣化が始まったぐらいの時期に塗り替えておくのが最適な時期と言えます。
この5つの中では「チョーキング現象が起こる」あたりで塗り替えるのが最適です。
塗装がはがれ始めてからでは遅いですし、塗り替えの費用も高くなってしまいます。
塗り替えは壁の状態を見て、ひび割れやクラッキングが起こる前に行いましょう。

外壁の塗り替え時期まとめ

  • 紫外線や雨にさらされる外壁は塗り替えが必要
  • 30年の間に3回程度の塗り替えが必要と言われている
  • 塗装剤によって塗り替える年数は違ってくる
  • 塗り替えの最適な時期は「チョーキング現象が起こる前」
  • 塗装がはがれ始めると費用がかさみがちなので早めがおすすめ

家の一番外側である外壁は、家を守る要でありながら補修や改修をおこたりがち。
家の中だけでなく、外壁にも気を配ってメンテナンスしていきましょう。
塗装剤は思ったより早く劣化する場合があります。
日当たりのよい家は特に劣化していきますから、こまめに点検するのがおすすめです。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!