外壁塗装の断熱効果って? ~暑さ・寒さに強い家づくり~


外壁をリフォームするときに考えたいのが「断熱効果」。
夏の暑さを遮断し、冬は家の中の温かさを守ってくれるのが断熱効果です。
せっかく外壁塗装をするなら断熱効果を考えて塗料選びをしてもらいましょう。
最近はリフォームブームで、外壁や屋根を修理して家を住みやすくする人が増えています。
光熱費のランニングコストを減らすためにも、外壁塗装する際は断熱効果に注目していきましょう。
ここでは外壁塗装の断熱効果についてご紹介します。
塗装を考えている方はぜひ参考になさってください。

外壁塗装の断熱効果とは?

通常、断熱効果をあげるためには壁をリフォームして断熱材を入れるのが基本です。
「塗装だけで断熱効果が上がるなんてホント?」と思われるかもしれません。
塗装で断熱効果を上げるために重要なのはなんといっても塗料の種類ですね。
今は断熱塗料が注目を集めつつあり、さまざまな断熱塗料が開発されています。
例えば有名メーカーの断熱塗料を利用した場合、真夏の室内温度は3度~5度減少、冷房費用の削減につながり年間20%~30%の電気代削減につながると言われています。

断熱効果が発揮されるのは夏だけでなく、冬の冷たい空気もブロックしてくれます。
断熱塗装が暖房の効きをアップさせてくれるので暖房費が安くなるというコストカットも期待できます。
塗料を断熱塗料にするだけでこんなにうれしい効果がいっぱいあるんですね。

断熱効果の高い塗装方法

では、断熱塗料はどのように塗装すればいいのでしょうか。
普通に塗装していけばいい・・・というわけではなく、断熱塗料はとにかく「重ね塗りして肉厚にする」ことが大切です。
メーカーによっては塗り方を定めているものもあり、技術研修を終了しないと取り扱えないという厳格な塗料もあります。
それだけ断熱塗料は塗り方が大切ということですね。

肉厚にするとそれだけ断熱効果は高まりますし、空気のビーズの混じった塗料などはそれだけ密度が高くなり、そのビーズが家を暑さ寒さから守ってくれます。
薄めて塗るなどすると断熱効果は極端に低下します。
塗り方を心得た職人さんが塗ってくれると思いますが、断熱塗料を使う場合は念のため確認を。
塗り方を間違えるとトラブルの元になりますから、さりげなく「どうやって塗るんですか?」と尋ねてみましょう。

いかがでしたでしょうか。
断熱塗料は家を守ってくれるうえにランニングコストを下げてくれるありがたい存在です。
外壁塗装をキレイにやり直したい人はぜひ断熱塗料を選択肢に入れて見てください。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!