悪徳外壁業者の見分け方 ~業者の対応で見分ける3つのポイント~


家を守ってくれる外壁は、築年数が経ってくると傷んできます。
10年以上経ったら定期的なチェックとリフォーム、メンテナンスを心がけたいものです。

ここ数年は『リフォームブーム』と言えるぐらい、古い家をキレイにして住む人が増えてきています。
しかし、リフォーム件数の増加に伴って増えてきているのが悪徳外壁業者に騙された・法外な価格を請求された、というトラブルです。

トラブルに巻き込まれたら、ほとんどの場合金銭的に損をします!
悪徳外壁業者に騙されないよう、見分け方を頭に入れておいてください。

見分け方1:見積金額が不自然

知り合いや親せきの紹介だから安心・・・と思っていたら大間違い!
悪徳業者の中には、一見それとはわからない、巧妙な手口で工事を安く済ませたり、法外な価格を請求してくる業者もいるのです。

特に注意してほしいのが「見積金額」ですね。
見積金額が異常に高い・異常に安い場合は注意が必要です。

「見積もりが安かったらラッキーじゃん!」と思われるかもしれませんが、やはり安さには裏があります。
塗料を薄めて使ったりすることで無理やり安くしている業者もいて、結局は損をすることになるのです。

最初に見積もりを高く提示しておき、極端な値引きで信頼を得ようとする業者もいます。
こういった業者は避けておくに越したことはありません。

見積金額には「相場」があり、相場からかけ離れた見積もりを提示する業者は何かしらの裏があるのです。

見分け方2:工事を急がせる

一般の人は外壁の状態について見た目では判断できません。
そこで

「これはマズイ。今すぐ工事が必要です」
「このままにしておくと雨漏りするようになって外壁も傷みが進みます」

など、必要以上にあおって工事を急がせようとする業者があります。
こういった営業トークにうかつに乗らないように注意しましょう。

基本的に「緊急を要する外壁工事」はありません。
よほどひどい雨漏りをしているなど、生活に支障がでている場合以外は「今すぐ必要」な工事はないと思っていても問題ありません。

工事を急がせる場合は契約を急いでいる証拠。
不安をあおられないように注意してください。

見分け方3:飛び込みで訪問してそれらしいトークをする

ここ10年程度で増えてきたと言われているのが、「飛び込み営業でうまい話をする」という悪徳外壁業者です。

最も多いのは

  • 近くで工事をしていて気になったので見せてほしいと言い、工事が必要と告げる
  • 今ならキャンペーンで足場代を安くできる
  • モニターにさせてほしい、そうすれば塗装が安くなる

などという飛び込み営業トークをする業者です。
いずれも「今すぐ契約すれば得!」「今じゃないと損ですよ」という営業トークで契約を迫り、その日のうちに契約させようとします。

このような契約はほとんどが急を要するものではなく、キャンペーンもウソのことが多く、手抜き工事をするなどで損をする場合がほとんどです。

大幅な値引きなどにつられないように!
「近くで工事していて・・・」という口上で外壁などを見ようとする業者にははっきりと「結構です」と断りましょう。

悪徳外壁業者の見分け方をご紹介しました。
悪徳業者の営業トークは非常に巧妙ですし、手慣れています!
頭でわかっていてもいざ目の前にすると分からなくなるものです。
ご紹介したような業者の特徴をしっかり把握し、頭に入れておいてくださいね。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!