外壁塗装リフォームについて知りたい方へ ~失敗しない基礎知識~


外壁は月日が経てば経つほど、汚れが目立ち始めます。
常に外の空気に触れており、空気中に漂っているホコリ、雨風による汚れがついてしまうので仕方ありません。
外壁は建物の外観を美しく魅せるための大切なポイントですので、定期的に外壁塗装を行っていかなければならないでしょう。
外壁塗装工事や塗料の種類、外壁塗装のリフォームについて詳しく説明します。
外壁を新しくしようと考えている人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 外壁塗装リフォームとは
  2. 使用する塗装の種類・耐用年数
  3. 塗装リフォームを依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.外壁塗装リフォームとは

外壁塗装リフォームとはどのような方法なのか、外壁塗装リフォームを考える時期など一緒に考えていきたいと思います。
問題なくスムーズに外壁塗装をするためには、基礎知識を身につけることが大切です。
初めての外壁塗装を考えている人は必ずチェックしてくださいね。

1-1.外壁塗装リフォームの必要性

美しい外観を維持し続けるためには、定期的に外壁塗装を行わなければならないと言われています。
しかし、なぜ定期的にしなければならないのでしょうか。疑問に思う人も少なくないでしょう。
主な理由としては「快適な住まい」にするためです。
外壁は常に雨風にさらされています。家の外観だけでなく、家自体の寿命を長持ちさせるためには欠かせない場所でしょう。
外壁を定期的に塗り替えることで、住まいを長持ちさせることはもちろんのこと、快適な住まいが維持できます。
外壁塗装を定期的にしなければ、外壁のヒビが割れてしまい、そこから腐敗が進むでしょう。
住まいの劣化が止まらなくなってしまいます。
見かけも、家そのものも悪くなるに違いありません。
外壁塗装リフォームはとても大切なことなのです。

1-2.どのような方法があるの?

外壁塗装リフォームには大まかに、3つのポイントが挙げられます。

  • 防水性を高める
  • 外壁の強度を回復する
  • 外観を美しくさせる

以上の3つのポイントを踏まえながら、外壁塗装を行うことになるでしょう。
外壁塗装において、この3つは欠かせません。
「防水性を高める」ことは家の健康を維持し続けることであり、防水性のある塗料を使う必要があるでしょう。塗料の種類によって防水性が低いものもあるので、塗料選びは慎重に行わなければなりません。
後ほど、塗料の種類について詳しく説明します。
「外壁の強度を回復する」ことは、いわゆる、雨風に強い外壁にすることです。
外壁塗装を行う際、下地処理をきちんと行うかどうかで、強度が大きく変わるでしょう。
下地処理は強度アップするための大切なポイントなので要チェックです。
そして「外観を美しくさせる」ことも外壁塗装には大切なことになるのでチェックしてください。

1-3.外壁塗装リフォームに適した時期とは?

いつ外壁塗装リフォームを行えばよいのか、リフォーム時期に悩む人も多いでしょう。
できれば、劣化が進行する前にリフォームはしておきたいものです。
劣化が進めば進むほど、リフォーム代も高くついてしまい、維持し続けられなくなってしまいます。
よって、常に外壁をチェックし、異常がないかどうか確認しなければなりません。

  • 外壁の光沢が失われている
  • ヒビが入っている
  • 素材が露出している
  • 劣化している
  • 塗装に浮きが出ている

以上のような様子がみられた場合は、外壁塗装リフォームを行うタイミングです。
また、塗料の種類によって耐用年数が決められています。
耐用年数に合わせて、時期がやってきたら外壁塗装リフォームを行うのもひとつの目安なので必ず把握しておいてくださいね。

2.使用する塗装の種類・耐用年数

2-1.さまざまな種類がある外壁の塗装

外壁塗装リフォームに使われる塗料にはさまざまな種類があります。
主に挙げられるのは、以下の4つの種類になるのでチェックしてください。

  • アクリル系塗料
  • ウレタン系塗料
  • シリコン系塗料
  • フッ素系塗料

それぞれ特徴や耐用年数も違うので、しっかり把握しておきましょう。
この中でも耐用年数がおよそ4年と比較的短いのが「アクリル系塗料」です。
耐久性は非常に低いですが、値段が安いのが大きなメリットとなっています。
しかし、こまめに塗り替えなければなりません。
次に耐用年数が長い「ウレタン系塗料」は、およそ6年です。
気密性に優れているメリットがあり、外壁塗装の剥がれがとくに気になる人にオススメしたい塗装となっています。
「シリコン系塗料」の耐用年数はおよそ13年、現在もっとも使われている種類になるでしょう。コストパフォーマンスに非常に優れているため、近年人気が高まっています。
そして「フッ素系塗料」は、耐用年数がおよそ18年。価格は非常に高いですが、長期的に考えればお得な塗装ではないでしょうか。

2-2.少し変わった塗装をご紹介

主な塗装の種類は以上の4つになりますが、少し変わった、珍しいタイプの種類も紹介します。
耐用年数は18年、省エネ効果が高い塗装と言われているのが「遮熱塗料」です。
遮熱塗料の特徴は、太陽熱をはじくため、使われたところの表面温度を下げてくれる効果が挙げられるでしょう。光熱費をできるだけ抑えたい人にはオススメの種類ではないでしょうか。
そして、もうひとつの「光触媒塗料」は、耐用年数がおよそ20年となっており、次世代塗料と言われています。
汚れが非常につきにくく、太陽光で汚れを浮かせられ雨で流す快適な外壁です。
しかし、非常に値段が高いのがデメリットとなっており、あまり使われていません。

3.塗装リフォームを依頼する際の注意点

外壁塗装リフォームを依頼する際、注意すべきポイントがたくさんあります。
初めて外壁塗装を行う人はとくにチェックしなければなりません。
では、どのようなポイントに注意すればよいのか、一緒にチェックしていきましょう。

  • 安心して依頼できる業者かどうか
  • 見積もりに不備かないかどうか
  • 下地処理をきちんと行っているかどうか
  • 手抜き工事ではないかどうか

以上の4点にはとくに注意が必要です。
リフォーム系の工事は、もっとも手抜きがしやすい工事だと言われており、悪質業者もたくさん存在しているので注意しなければなりません。
業者選びは、満足のいく外壁塗装リフォームができるかどうか、とても大切なポイントになるでしょう。
本当に安心して依頼できる業者かどうか、口コミや評判をチェックしたり、実績のある業者かどうか調べてください。
また、見積もりの際に不備がないかどうかも要チェックです。
リフォームを依頼する際に、どのような方法で工事をするかどうかも打ち合わせ段階で確認しなければなりません。

4.まとめ

外壁塗装リフォームについて詳しく説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
最近は、外壁塗装のリフォームによるトラブルが続出しており、消費者センターにもさまざまな相談が寄せられているのです。
悪質業者も増え続けているため、私たち利用する側が基礎知識を身につけることが1番の予防になります。
悪質業者と優良業者を見極めるための力を身につけてください。

  • 快適な住まいを維持するための「外壁塗装」
  • 外壁塗装に大切な3つのポイント
  • 外壁の状況でタイミングを計る
  • 主な塗装の種類は4つ
  • 遮熱塗料、光触媒塗料と変わった種類もある
  • 塗装リフォームをする際の4つの注意点

自分の住まいの外観や強度を維持し続けるためにも、必要な基礎知識を身につけ、満足のいく外壁塗装リフォームを行ってくださいね。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!