自宅の外壁塗装は自分で出来るの? 自分でやるメリット・デメリットについて


定期的にしなければならない「外壁塗装」は、やろうと思えば自分でできる作業です。
最初は、なかなかうまくいかず、手こずってしまうでしょう。
しかし、何回か繰り返していけば、自分でできるようになります。
素人でも外壁塗装をするコツや方法、自分でやるメリット・デメリット、業者に依頼する場合のメリットや注意点についても説明しましょう。
自宅の外壁塗装を検討している人は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. 素人でも出来る外壁塗装のコツ・方法
  2. 自分でするメリット・デメリット
  3. 業者に依頼するメリット・注意点
  4. まとめ

1.素人でもできる外壁塗装のコツ・方法

外壁塗装に必要な材料・道具を準備すれば、素人でも自分でできます。
しかし、外壁塗装が失敗する可能性もあるので気をつけなければなりません。
納得いく外壁塗装をするためにも、正しい方法とコツをつかんでおきましょう。

1-1.自分でする場合に必要な外壁塗装の材料・道具

外壁塗装を自分でする際、準備しなければならない必要な材料と道具があります。
最低限用意しておきたい材料・道具は以下のとおりです。

  • 下塗り塗料と仕上げ塗料
  • 養生するときに使うビニール
  • ナイロンやワイヤーブラシ
  • サンドペーパー
  • 刷毛(はけ)
  • ローラー
  • マスキングテープ
  • シンナー

以上の材料・道具は準備してくださいね。
塗料は必要不可欠な材料になります。
下塗り塗料は、本塗り・仕上げ塗りをする前の大切なポイントです。
下塗り塗料にも、シーラーやさび止め塗料とさまざまな種類があるので、自分の目的にぴったりな種類を選びましょう。
仕上げ塗料は、自宅の外壁に合った塗料を用意してください。
不要な部分に塗料がつかないようにするためのマスキングテープ、ビニールも必要不可欠です。
新聞紙を使う人もいますが、ビニールの方が効果的でしょう。
それぞれの材料・道具は、ホームセンターで手に入ります。

1-2.自分で外壁塗装をする方法・手順

外壁塗装に必要な材料と道具が準備できれば、いよいよ作業の開始です。
まず、塗装をしたい外壁の部分についているゴミやホコリを取りのぞきます。
外壁の状態をキレイにしなければ塗装はできません。ある程度キレイに掃除をしたら、塗料がほかの部分に付着しないようにビニールで覆います。
そして、下地調整です。
下地調整は、塗料の密着性を高めるために必要な方法なので、必ず塗装する部分のさびを取りのぞいてください。
塗装の耐久性にも大きくかかわる部分です。
下地調整が終われば、下塗り→本塗り→上塗り(仕上げ)の順番で塗料を外壁に塗っていきます。
外壁の状態によって塗り方も異なるので、事前のチェックが大切ですよ。

1-3.自分でする外壁塗装のコツ

自分で外壁塗装をする場合、さまざまな注意点とコツがあります。
しっかりコツをつかんでおかなければ、外壁の耐久性が弱まってしまうでしょう。
最初に注意しておきたいポイントは、「塗装を塗る順番」です。
先ほど、自分で出来る外壁塗装の方法で、下塗り→本塗り→上塗りの3段階にわけると説明しました。
外壁塗装をする際、塗りたい部分の上から塗ってください。
上から塗らなければ、ムラができてしまいます。
また、自分でする場合、塗り残しが目立ってしまうでしょう。
塗り残しがあった場合は、完全に塗料がなくなるまで乾燥してから塗らなければなりません。
そうすれば、キレイな外壁に仕上がることができます。
完全に乾燥しないまま塗り直してしまうと、さらに汚れてしまうので注意してくださいね。

2.自分でするメリット・デメリット

2-1.自分で外壁塗装をするメリット

自分で自宅の外壁塗装をするメリットはたくさんあります。
1番の大きなメリットは、「低コストで外壁塗装が出来る」点です。
塗装に必要な材料・道具を用意するだけの費用で済むでしょう。
出来るだけ費用を抑えたい人や、外壁塗装をしたい部分が小さい場合は自分でした方がお得といえます。
人件費もまったくかからないので、安い費用でできるのです。
また、「自分で好きなように外壁塗装ができる」メリットも挙がるでしょう。
自分の手で外壁塗装をするのは、とても楽しいものです。
日曜大工のような作業が好きな人にとっては、とてもやりがいのある作業になるでしょう。

2-2.自分で外壁塗装をするデメリット

自宅の外壁塗装を自分の力でするメリットはもちろん、デメリットもあります。
ついメリットの部分だけに目を向けてしまいますが、デメリットも把握しておかなければなりません。
自分でする外壁塗装のデメリットは、「外壁塗装に失敗する可能性が高いこと」です。
初めて外壁塗装をする素人ならなおさらのこと、失敗する可能性が高いでしょう。
うまく塗料を塗ることができず、ムラができてしまうことも多いです。
ムラができてしまうと、塗り直しをしていかなければなりません。
素人だと時間がかかるでしょう。
失敗すれば、やり直しでさらに時間がかかってしまいます。
塗装が失敗すれば、外壁の耐久性が弱まり、劣化がすすんでしまうので要注意です。

3.業者に依頼するメリット・注意点

3-1.業者に依頼するメリット

自分で外壁塗装をするメリット・デメリットを把握した上で、次は、業者に依頼するメリットについて説明します。
自分では外壁塗装ができない部分や劣化状態がひどい場合は、業者に頼んだ方が効率的です。
無理に自分でしてしまうと、余計に外壁が悪化してしまいます。
業者に依頼する大きなメリットは、「短時間で満足いく外壁塗装が出来ること」になるでしょう。
外壁塗装のプロである人たちが塗り直してくれるので、安心して任せることができます。
それほど時間もかかりません。
出来るだけ早く外壁塗装をしたい、納得いく塗り直しがしたい人は、業者に依頼することをおすすめします。

3-2.業者に依頼する際の注意点

業者に外壁塗装を依頼する場合、注意点があります。
現在、リフォーム業者や外壁塗装業者などのトラブルが多発しているのです。
消費者センターでも、トラブルの相談が相次いでいます。
トラブルを未然に防ぐためにも、見積書やサービス内容、接客の仕方などチェックしてください。外壁塗装をする際、業者によって費用が異なります。
出来るだけ費用を抑えたい人は、さまざまな業者の見積書を比較しましょう。
比較することで、1番安い業者が見つけやすくなります。
悪徳業者は、高い費用の請求をしてくるので要注意です。
また、インターネットの口コミ・評判もチェックしなければなりません。
口コミ・評判では、実際に利用した人の感想を見ることができます。
悪評がついている業者には依頼しないように注意しましょう。

4.まとめ

素人でもできる外壁塗装のコツや方法、自分でするメリット・デメリット、業者に依頼するメリット・注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
自分で自宅の外壁塗装をする際は、基礎知識を身につけてから塗らなければなりません。
正しい方法やコツをつかんで外壁塗装をしてください。
正しい知識を身につけないと、失敗してしまうでしょう。
失敗すると、さらにお金がかかってしまうので要注意です。

  • 自分でするときに必要な材料と道具
  • 外壁塗装を自分でする方法を把握する
  • 塗る前にコツをつかむ
  • 低コストで外壁塗装ができる
  • 外壁塗装で失敗する可能性が高い
  • 業者に依頼するメリットは、「短時間で納得いく塗装ができること」
  • さまざまな業者の見積書を比較する

以上は、ぜひ押さえておきたいポイントです。
自分でするのが不安な人は、業者に相談してみてはいかがでしょうか。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!