快適な住環境を実現しよう! 外壁リフォームの種類と特徴


住宅設備には住宅を快適するための機能があり、外壁は外気と屋内を隔離するための設備です。外気から室内を守る外壁は、夏の暑さや冬の寒さから住環境を守る大切な役割があります。外壁は、住宅設備の中でも住環境に大きな影響を与える住宅設備です。住宅の快適性能を上げる外壁リフォームを計画している方のために、外壁リフォームの種類と特徴について詳しくご紹介しましょう。

  1. 外壁リフォームの種類とは?
  2. 外壁リフォームの種類と特徴
  3. 上手な外壁リフォームの選び方
  4. まとめ

1.外壁リフォームの種類とは?

1-1.外壁リフォームの目的とは?

外壁リフォームの一般的な目的は“外壁の老朽化”や“外壁の汚れ”などがあります。外壁リフォームを計画する際には、このような直接的な目的に加えて“外壁の機能的な改善”を考えることも大切です。外壁をリフォームすることは、住宅の快適性能を向上することができます。リフォームの方法や種類などを知ることは、住宅を快適にするためにも大切な準備といえるでしょう。

1-2.外壁リフォームの施工の種類

外壁のリフォームには非常に多くの種類があります。外壁リフォームの施工に関する種類について詳しくご紹介しましょう。

【コーキング打ち替え】

コーキングは、壁材のつなぎ目に使用している防水効果のある樹脂です。コーキングは、紫外線や乾燥などによって劣化し10年程度を目安に防水性が低下してしまいます。コーキング打ち変えは、古くなったコーキングを除去し、新たにコーキングを打ち直すことで住宅の防水性を維持するための外壁リフォームです。寿命が10年程度であることから、同じく10年が目安になる外壁塗装と一緒に施工することで住宅の防水性を保つことができます。

【外壁塗装】

外壁材の防水性は経年劣化によって低下してしまいます。外壁塗装は、防水性の低下した外壁の機能を取り戻すことを目的とした外壁リフォームです。防水性を高めるための下地処理が最も重要な施工であり“コーキングの打ち変え”と同時に施工します。

【外壁補修】

外壁の一部が破損した際におこなう外壁リフォームが外壁補修です。突風や部分劣化などによる部分的な破損に対しておこないます。外壁補修は部分的な補修なので、費用を抑えた外壁リフォームが可能です。

【外壁清掃】

外壁は屋外と接触する部分であることから、住宅の中でも汚れやすい部分です。外壁の汚れは見た目に加えて、防水性能の低下にもつながります。排気ガスや砂の付着や、湿気によるコケやカビの発生よって汚れてしまった外壁の見た目を改善と防水性能の回復が外壁清掃の目的です。

【外壁の張り替え】

外壁の張り替えは、大幅に劣化してしまった外壁をすべて張り替えます。外壁リフォームの中では最も大規模なリフォームです。外壁リフォームは状況と目的に合わせて最適な施工方法を選ぶことが大切になります。外壁リフォーム業者との話し合いを進め、最適な工法を選ぶようにしましょう。

2.外壁リフォームの種類と特徴

2-1.外壁塗装の種類と特徴

外壁リフォームの中でも最も身近なリフォームである外壁塗装についてご紹介しましょう。外壁塗装には塗装の種類によって多くの効果を得ることができます。特殊な機能を持った外壁塗装の種類と特徴についてご紹介しましょう。

【断熱塗料】

断熱塗料は、室内の温度を一定に保つ効果のある塗料です。夏は暑い日差しから室内を快適に保ち、冬は外部の冷気から室内を守る機能があります。断熱塗料は“結露防止機能”“防音機能”などの効果もあるため、総合的に住宅の快適性を高めることか可能です。

【遮熱塗料】

遮熱塗料は、赤外線を反射することで室内の温度上昇を抑える塗料です。断熱塗料と似た機能を持っているのですが、遮熱塗料は冬の冷気から室内を守る機能が高くありません。遮熱効果に加えて断熱効果をもった断熱塗料もあります。冬の寒さを防ぎたい場合には、断熱効果のある塗料を使用しましょう。

【光触媒塗料】

光によって汚れを分解することのできる塗料です。水や雨によって外壁の汚れを洗い流すことのできる塗料として、注目を集めています。ほかの塗料に比べ耐用年数が約20年と長いことも光触媒塗料の特徴です。塗料の性能が発揮するのは“光の当たる壁”であることから日当たりの悪い立地の住宅には効果が薄いこともあります。外壁塗料は、住宅の特徴に合わせて最適なものを選ぶことで、多くの効果を得るのです。施工業者と相談して、住宅に最適な外壁塗料を選ぶように心掛けましょう。

2-2.施工方法による外壁リフォームの種類

外壁リフォームではリフォームの工法によっても分類することができます。外壁リフォームの工法による特徴についてご紹介しましょう

【足場工法】

一般的な外壁リフォームは、足場を架けて作業をおこないます。外壁リフォームの足場代は、15万~20万円程度の費用が必要です。住宅の状況によっては足場を設置するスペースがなく、足場工法では外壁塗装をおこなえない可能性もあります。

【無足場工法】

足場を架けずロープによって作業をおこなう外壁リフォームの方法です。特殊な技術を持った作業員による作業であることから、無足場工法で外壁リフォームを施工できる業者が少ないのが特徴といえるでしょう。一般的な足場工法に比べ、低価格で外壁リフォームを施工できる方法として注目の工法です。外壁リフォームは工法によって料金が大きく異なります。住宅に最適な施工方法で作業がおこなえるように、リフォーム業者としっかりと相談した上で作業を進めるように心掛けましょう。

3.上手な外壁リフォームの選び方

外壁リフォームは住宅に合わせた施工や工法を選ぶことが大切です。外壁リフォームを最適なものを選ぶためにも、施工業者との相談は非常に大切になります。自分の住宅に最適な外壁リフォームを選ぶことは、住宅の快適性を高める大切な選択なのです。“無料見積もり”や“無料お問い合わせ”を利用してしっかりと相談するように心掛けましょう。

まとめ

外壁リフォームでは外壁塗料の種類や工法を上手に選ぶことが大切です。外壁リフォームを上手に選ぶための方法についてまとめてみましょう。

【施工の種類と目的】

  • コーキング打ち変え:劣化したコーキングを交換し防水性を高める
  • 外壁塗装:劣化した外壁に塗料を塗り防水性、断熱性を高める
  • 外壁補修:外壁の破損に対して部分的な補修をおこなう
  • 外壁清掃:汚れを落とし外壁の見た目を改善する
  • 外壁の張り替え:劣化した外壁を新しものに張り替える

外壁の状況に合わせて、最適な外観リフォームを選ぶ必要があります。受託の外壁の現状を把握して最適なリフォームを選ぶためにも、施工業者に相談することが大切です。

【外壁塗料による機能性の違い】

  • 断熱塗料:住宅の保温性・断熱性を高める塗料
  • 遮熱塗料:外部からの熱を遮断する効果のある塗料
  • 光触媒塗料:光で汚れを分解する効果のある塗料

外壁リフォームで外壁塗装を計画している場合には塗料の特徴について知ることも大切です。外壁塗料は住宅に合せたものを選ぶようにしましょう。

【工法による違い】

  • 足場工法:一般的な外壁リフォームの工法
  • 無足場工法:足場を使用しない外壁リフォームの工法

外壁リフォームには足場に大きな費用が必要になるケースがあります。無足場工法は足場を使用しない工法であり、足場代を節約して外壁リフォームを施工可能です。外壁リフォームは住宅に合わせた施工・工法を選ぶためにも、施工業者と相談しながら最適な外壁リフォームを計画しましょう。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!