外壁塗装の塗り替え。適切なタイミングと失敗しない業者の選び方は?


砂や埃(ほこり)、雨風や紫外線。外壁は、厳しい自然環境にさらされながら、ご自宅を守ってくれています。そんな家の外壁に不可欠なのが「塗装」。でも、この塗装、どれくらいの耐用年数があるのでしょうか。外壁の塗り替えを検討している方に、検討のポイントや業者選びの注意点をまとめました。

  1. 外壁の塗り替えの検討ポイント
  2. 塗料の種類と塗り替え時期
  3. 外壁塗装に適した季節
  4. 業者選びの注意点
  5. まとめ

1.外壁の塗り替えの検討ポイント

外壁は、定期的に塗り替えなければならないことは、多くの方はご存じでしょう。でも、どのタイミングで塗り替えればいいかとなると、なかなか判断がつかないはずです。
ご自分でも大まかにチェックできる検討ポイントをまとめました。1つでも該当する項目があれば、塗り替えを検討する時期にきています。業者さんに相談するのが賢明です。

  • 塗装がはがれている。
  • 塗装が膨張している。
  • 外壁の表面を手でこすったときに、手に白い粉がついた(チョ―キング現象)。
  • 外壁にクラック(ひび割れ)がある。
  • 外壁に汚れが付着している。
  • 外壁が色艶があせてきた。
  • 外壁が変色してきた。
  • 外壁に腐食したような部分がある。
  • 外壁にカビのようなものが発生している。
  • 外壁にサビや腐食している部分がある。

少し補足します。
塗装のはがれや膨張は、塗装したときに、外壁に水分が残っていたのが主な原因です。梅雨の季節など、湿気が多い時期に施工したのではないでしょうか。また、素地にサビがある場合も、同様の現象が出てきます。
はがれを放置すると、そこから外壁が腐食してくるので、そうなる前に補修をするべきです。
クラックは、モルタル外壁によく発生する現象。見た目もよくありませんし、強度も心配になってきます。
外壁が汚れてくるのは、築年数がたってくると仕方がないことです。それ自体で問題というわけではありませんが、塗装表面が色あせて艶がなくなってくると、汚れが目立つ上に、もっと汚れがつきやすくなる要因に。放置しておくと、コケやカビが発生します。こうなると、塗り替えのサインです。

2.塗装の塗り替え時期

2-1.塗料によって時期は変わる

外壁塗装の塗り替え時期は、一般的には「おおむね10年程度」といわれています。ただし、塗料の種類(主成分となる樹脂)によって、塗り替え時期は変わってくるのを押さえておいてください。ですから、まずご自宅の外壁塗装がどんな樹脂を使っているかを確かめることが必要です。さらに、外的環境の違いによっても変わってきます。
モルタルやサイディング外壁の場合、おおよその目安としては次のとおりです。

  • アクリル樹脂塗料:6~8年
  • ウレタン樹脂塗料:10~12年
  • シリコン樹脂塗料:12~15年
  • フッ素樹脂塗料:15~20(あるいは18)年

塗膜の劣化は、通常は次のような順序で生じます。

  1. 色艶が落ちてくる。
  2. 変色してくる。
  3. チョ―キング現象が発生する。
  4. クラックが発生し、カビが生えてくる。
  5. 塗膜がはがれてくる。

塗り替えは、予防的に早め早めに行うことをおすすめします。ひどくなってから塗り替えると、費用も割高になってしまうからです。
できるならば、4のクラックとカビの発生前。チョ―キング現象が見受けられたら塗り替えるのが理想です。塗膜がはがれているのを見て慌てて塗り替えをしようとしても、外壁自体が外部環境にさらされ、劣化していることが想定されます。
こうなると、余分な下地処理が必要になるほか、場合によっては外壁素材そのものの交換が必要です。工期や費用が余計にかかることは、いうまでもありません。

2-2.塗り替えの時期と塗料の選び方

現在、住宅の多くは、アクリル樹脂塗料かウレタン樹脂塗料です。ということは、ほとんどの住宅は、10年前後で塗り替えの時期がくることになります。
一方、上記を見ればわかるように、耐用年数からすると、フッ素樹脂塗料が一番。ただし、ほかの塗料に比べて、費用が割高になるのが考慮すべき点です。
費用面でいえば、アクリル樹脂やウレタン樹脂に軍配が上がります。でも、耐久性からいえばシリコン樹脂やフッ素樹脂です。
厳密にいえば、上記の年数は、必ずしも塗り替えの時期を示すものではありません。 たとえ、シリコン樹脂塗料やフッ素樹脂塗料であっても、劣化要因がほかにある場合もあるからです。塗料の膜の劣化は、外壁の劣化要因の1つとしてとらえた方がいいでしょう。
その上で、費用や耐久性、さらに機能性はどうなっているのか。塗り替えの時期と塗料選びは、外壁の状況をさまざまな角度から診断し、総合的に判断することが必要になります。そのためには、プロに相談するのが一番です。

3.外壁塗装に適した季節

外壁塗装は、湿度や気温に影響されます。一般的な塗料のカタログには、だいたい気温5℃以下や湿度80%以上の場合、塗装は避けるようにといった記載がされているはずです。塗装に適した季節は、いつなのでしょうか。

3-1.塗装に適切な条件

適切な材料の選択や段取りの工夫をすれば、季節を問わずに塗装が可能です。ただし、適切な条件があります。ある塗装業者によると、以下のような条件です。

  • 標準:気温20℃、湿度65%
  • 良好:気温15~20℃、湿度75%以下
  • 可能:気温5~40℃、湿度85%以下

3-2.季節は春か秋?

夏は、気温が高くなり過ぎ、塗装表面がすぐに乾燥し、泡が生じることがあります。一方、冬の場合、気温が5℃を下回ると、塗料の乾燥硬化が極端に遅くなるのが問題です。
ということは、理想は春か秋ということになるでしょう。でも、そう単純ではありません。あくまでも温度と湿度を判断した場合です。春と秋は、意外に雨が多いと思いませんか?要するに、どの季節にも、メリットとデメリットがあるということです。
ですから、すべての条件を理想的に満たす完璧な時期というのは、ないといった方がいいでしょう。
基本的には、どの季節でも塗装は可能です。結論をいうと、きちんと施工してくれる業者を選ぶということに尽きます。

4.業者選びの注意点

やがてはその時期がくる外壁の塗り替え。ところが、塗装の品質が確保されるのか、価格は適正なのかといった点については、素人はサッパリです。業者を選ぶときには、どんな注意をすればいいのでしょうか。

4-1.価格相場を知ろう

外壁塗装で不透明な部分が多いのが価格です。業者によって価格の幅が大きく、どれが適正な見積もりなのか、なかなか判断できません。あるいは、工事の内容が適切なのかどうかさえ判断できないのが現実ではないでしょうか。
こうした悩みを解決する方法の1つは、価格相場を知ることです。ネットで検索すると、いくつかの価格相場の情報があります。一例をあげるので、参考にしてください。外壁塗装に合わせて、屋根塗装をするケースも多いので、外壁塗装+屋根塗装のおおよその相場です(建坪は25坪の場合)

  • アクリル系塗料:861,000円
  • ウレタン系塗料:913,500円
  • シリコン系塗料:966,000円
  • フッ素系塗料:1,134,000円

4-2.正しい業者の選び方

一般的な外壁塗装(屋根塗装を含む)は、足場組み→高圧洗浄→養生→サビ止め塗装→下地調整→軒天塗装→外壁塗装→屋根塗装という工程になります。
足場の設置は、塗装工事で費用がかかる工程の1つです。足場を組まずに塗装できるならば、その分、費用は抑えられます。下地調整も、品質を確保する上で重要な工程です。
実際の塗装は、軒天・外壁・屋根とも、下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本。よほどの新技術でない限り、3度塗りをしない業者は、疑ってかかった方がいいでしょう。
見積もりでは、これらの工程に沿って費用を明示しているかどうかをチェックしてください。失敗しないため秘けつです。
外壁塗装には、専門に紹介するサイトもあります。利用は無料ですから、依頼してみてはいかがでしょうか。複数の業者の見積額を比較することができます。

5.まとめ

外壁の塗り替えを検討している方に、検討のポイントや業者選びの注意点を紹介しました。
外壁の塗り替えには、かなりの費用を伴います。しかも、劣化が進行してから塗り替えをすると、余計に費用がかかってしまうことに。傷みがひどくならないうちに、適切な時期に塗り替えるのは、費用を抑える意味でも一番です。
外壁を適切にメンテナンスすると、家は3倍長持ちするといわれます。いいタイミングで、信頼できる業者に依頼し、住まいの寿命を延ばしてあげてください。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!