外壁塗装の必要性と塗り替え時期の目安とは? 徹底解説します。


外壁塗装は、家の外見を調えて印象を左右するだけでなく、外壁を風雨から守るためのものでもあります。外壁塗装は経年によって劣化してきますので、定期的な塗り替えが必要です。しかし、塗り替えの時期や塗料の種類などがよく分からず、悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回は外壁塗装の必要性や塗り替え時期の目安などをご紹介します。

  1. 外壁塗装の基礎知識
  2. 外壁塗装の塗り替え時期とは?
  3. 外壁塗装のやり方や業者の選び方
  4. 塗装業者の選び方
  5. ​外壁塗装に関するよくある質問

この記事を読めば、外壁塗装の大切さや塗り替え時期の目安がよく分かるでしょう。そろそろ外壁塗装の塗り直しを考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.外壁塗装の基礎知識

はじめに、外壁塗装の役割や必要性をご紹介します。外壁塗装にはどのような効果があるのでしょうか?

1-1.外壁塗装の役割

外壁塗装とは、家の外壁に施されている塗装のことです。家の印象を決めるものなので、色を選び抜いたという方もいるでしょう。外壁塗装は、これ以外にも防水・防汚・断熱などの効果があります。外壁はそれ自体に防水効果はありません。塗料を塗って初めて雨風を防げるようになります。また、最新の塗料の中には外壁についた汚れを分解する効果があるものもあるのです。

1-2.外壁塗装の種類

外壁塗装に使われる塗料には、アクリル・ウレタン・フッ素・シリコンなどの種類があります。モルタルの外壁が主流だったころは、アクリル塗料が主流でした。しかし、耐久性が低く7、8年すると劣化してくるため、現在は耐用年数が10年~15年のフッ素塗料が主流となっています。シリコン製の塗料は耐用年数が最も長く、防水効果にも優れていますが値段が高いので、一般住宅よりもビルや商業施設に使われることが多いのです。

1-3.外壁塗装のメンテナンスをする必要性

外壁塗装は風雨や直射日光にさらされ続けていますので、定期的な塗り替えが必要です。塗り替えをしないまま放っておくと、外壁そのものが劣化しやすくなります。外壁が劣化すれば、壁から雨漏りがしたり断熱機能が衰えたりするでしょう。家自体の寿命も格段に短くなります。ですから、外壁塗装のメンテナンスはとても大切です。

2.外壁塗装の塗り替え時期とは?

外壁塗装の寿命は、外壁塗装に使われた塗料によっても異なりますが、平均して8年~15年です。これはあくまでも目安ですから、気象条件や住宅の立地条件で変わってくることもあります。

  • 外壁を手で触ると白い粉がつく(チョーキング)
  • 外壁に幅3mm以上のひびが入っている
  • 外壁にカビやコケが生えている
  • 外壁の汚れがかなり目立つようになり、洗っても落ちない

外壁がこのような状態になったら、塗り替え時期が来たと考えましょう。

3.外壁塗装のやり方

この項では、外壁塗装のやり方や業者の選び方などを紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.外壁塗装の方法

外壁塗装は、専門の業者に依頼して行います。外壁塗装は基本的に1年中行うことができますが、屋外工事のため雨の日は行えません。また、豪雪地帯ですと冬の間は雪で工事が不可能になります。春と秋に工事を行うのが最もおすすめですが、この時期は予約が殺到しがちなので、早めに業者を探して契約を結びましょう。

3-2.外壁塗装の費用

外壁塗装は、足場を組む規模や塗装職人の人数・使う塗料の種類で値段が変わってきます。建物の規模が大きくなるほど、足場も大きくなり、使う塗料の量は増えるでしょう。また、高機能な塗料ほど高くなっています。塗料の値段は、アクリル・ウレタン・フッ素・シリコンの順に高くなりますが、安価な塗料は耐用年数が短いので、頻繁に塗り替えが必要になるでしょう。値段だけでなく耐久年数も考えて塗料を決めてください。

3-3.外壁塗装の流れ

外壁塗装を行うには、まず高圧洗浄で外壁の汚れをすべて洗い流します。その後、ひび割れなどがあれば特殊な樹脂で埋め、塗装の下準備を行うのです。外壁塗装を行う前に足場を組んだり窓を養生したりするので、エアコンが使えなくなったり窓があけられなくなったりすることもあります。このあたりのことは業者から説明がありますので、よく聞いておきましょう。外壁塗装はスムーズにいけば2,3日で終了します。平均的な大きさの家屋ならば、1週間あれば外壁塗装の塗り替えは完了するでしょう。

4.塗装業者の選び方

外壁塗装を行う業者はたくさんいます。ホームページを持っている業者も多いですし、今はインターネットから一括で複数の業者に見積もりを依頼することも可能です。見積もり無料というところも多いので、まずは見積もりを作成してもらいましょう。

業者の中には安さを売り物にしているところもあります。安いに越したことはありませんが、あまりに安すぎる業者には注意しましょう。外壁塗装を安く行うために最も手っ取り早い行為が、塗料を薄めたり既定の厚さに塗らなかったりすることです。使う塗料の量が少なければ、総費用も安くなります。また、汚れを落とす高圧洗浄を丁寧に行わずに日程を短縮することもあるでしょう。手抜き工事を行われると、外壁塗装の寿命も短くなります。見積もりを見比べてみて、他社より極端に低い業者には依頼しない方がよいでしょう。

外壁塗装の価格を少しでも抑えたい場合は、塗料の効果を必要最低限のものだけにしたりオフィスチャンプのように足場を組まない外壁塗装業者に依頼するとよいですね。足場を組む料金が無くなるだけで、10万円以上のコストダウンになるでしょう。なお、季節によって外壁塗装の料金が変わることはありません。

なお、一時期よりは少なくなりましたが、飛び込みでやってきて外壁塗装工事を勧誘する業者がいます。今すぐ契約すれば安くなると強引な手段で契約を結ぼうとする業者もいますので、注意しましょう。このような場合、後から理由をつけて追加料金を請求されることもあります。外壁塗装を依頼する場合は、よく業者と話し合って工事内容に納得してから契約を結んでください。なお、一度契約を結んでも7日以内ならばクーリングオフが可能です。

5.外壁塗装に関するよくある質問

Q.外壁塗装を自分で行うことはできますか?
A.不可能ではありませんが、とても難しいでしょう。失敗すれば、かえって高くつきます。業者に依頼しましょう。

Q.外壁塗装を行う際、以前の色と全く違う色に塗り替えることは可能ですか?
A.可能ですので、業者とよく話し合って色を決めましょう。

Q.外壁塗装の塗り替え時期がきているかどうかがよく分かりません。どうすれば確かめられますか?
A.外壁塗装を行っている業者は、現在の外壁の様子をチェックもしてくれるので、検査を依頼しましょう。

Q.外壁塗装工事を行う場合、近所への挨拶は必要ですか?
A.両隣や斜め向かいなどに挨拶をしておいた方がよいでしょう。

Q.外壁塗装工事と一緒に屋根の塗り替えも行えますか?
A.行えますので、業者と相談しましょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は外壁塗装の必要性と塗り替え時期などについてご紹介しました。外壁塗装はリフォーム工事の中では大がかりなものになりますが、家のメンテナンスとしてとても大切なものです。1戸建てを購入したら、塗装費用を積み立てておくとよいでしょう。今はいろいろな塗料も出ていますので、塗り替えをしたら断熱効果などが上がってより住みやすい家になることもあります。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!