外壁メンテナンスの内容や時期、費用の目安は? 皆様の疑問を徹底解説


外壁は、風雨から家を守ってくれる大切なものです。また、常に外気にさらされているため家の内部より劣化が早く、定期的なメンテナンスが必要になります。外壁のメンテナンスは10年ごとに行うのが一般的ですが、立地条件や気象条件によっては、もっと早くに行う必要が出てくることもあるでしょう。

そこで今回は、外壁のメンテナンスを行う時期や方法をご紹介します。

  1. 外壁メンテナンスの必要性や目的
  2. 外壁のメンテナンス方法
  3. 業者に依頼するメンテナンスについて
  4. 外壁メンテナンス業者の選び方
  5. 外壁のメンテナンスに関するよくある質問

この記事を読めば、外壁のメンテナンスを行う目安や目的、業者の選び方などもよく分かるでしょう。外壁のメンテナンスを考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.外壁メンテナンスの必要性や目的

はじめに、外壁メンテナンスを行う理由などをご紹介します。外壁を放置しておくと、どうなってしまうのでしょうか?

1-1.外壁の役割や種類

外壁とは、家の一番外側にある壁のことです。デザインや色で家の印象が大きく変わってくるため、悩みぬいて選んだという方もいることでしょう。外壁は、単に家の外観を左右するだけのものではなく、風雨や紫外線から家を守る役割を担っています。

外壁には、モルタル・サイディング・タイル張りなどの種類があり、それぞれ耐用年数が異なるのです。最も耐用年数が長いのはタイル張り、次いでサイディングとモルタルの順になります。
一昔前まで、一般の住宅はほとんどがモルタルの外壁でした。現在は、サイディングの外壁を持つ家が多くなり、それと共に耐用年数も長くなっている傾向にあります。

1-2.外壁のメンテナンスとは?

外壁は紫外線や雨風に年中さらされているため、定期的にメンテナンスが必要です。メンテナンスには

  • 外壁塗装の塗り替え
  • コーキングの補充や打ち替え
  • 外壁のひび割れなどの修理
  • 外壁の取り換え

などがあります。このうち、最も行われているのが外壁塗装の塗り替えと、コーキングの補充や打ち替えです。
外壁は、それ自体に防水機能はありません。防水効果や断熱効果のある塗装を塗ることにより、はじめて雨風を防ぐことができます。そのため、外壁塗装が劣化してくれば、防水効果が落ちるだけでなく、最悪の場合、外壁から雨漏りが起こることもあるでしょう。こうなると、家自体が劣化します。

コーキングとは、サイディングの隙間を埋める接着剤兼充填剤のようなものです。コーキングが劣化してくれば、サイディングと外壁の隙間に雨水が入りこみ、外壁の内側にある断熱材にカビが生えたり、柱や屋根が劣化します。ですから、サイディングの外壁の場合は、定期的な補充や打ち替えが必要です。なお、コーキングはモルタルの壁でも、ひび割れの補修材として使われています。

1-3.集合住宅の場合

外壁のメンテナンスは、集合住宅でも必要です。マンションの場合は、国土交通省が10年~12年ごとの大規模修繕を推奨しており、この時に外壁メンテナンスが行われます。マンションの場合は、外壁にタイルが使われていることも多く、タイルの補修や外壁塗装の塗り替えが主です。

賃貸マンションの場合、メンテナンス費用はすべて建物の所有者が負担します。分譲マンションの場合は、積み立ててきた修繕費から修繕費用を支払うのが一般的です。ただし、劣化が激しい場合は積み立ててきた修繕費だけでは賄えなくなることもあるため、修理費用が徴収されることもあるでしょう。

1-4.外壁メンテナンスを怠ると?

外壁メンテナンスを怠ると、紫外線や風雨の影響を受けて外壁が劣化していきます。壁にコケやカビが生えることもありますし、外壁塗料の色も色あせてくることでしょう。立地条件によっては、外壁がひび割れてくることもあります。そうなると、内部にまで悪影響が出てくることもありますし、家の寿命も縮まってしまうでしょう。
メンテナンス費用は必要経費と考え、家を建てた時から少しずつ費用を積み立てておくのもおすすめです。

2.外壁のメンテナンス方法

この項では、外壁の素材別にメンテナンス方法をご紹介します。どのような修繕方法があるのでしょうか?

2-1.外壁の種類別メンテナンス

1-1で、外壁にはモルタルやサイディングなどの種類があるとご紹介しました。一般住宅に使われている外壁素材は、ほとんどがモルタルかサイディングです。サイディングとは、板状になった外壁材を貼りつけていくもので、モルタルに比べるとデザインが豊富で工期が短いというメリットがあります。築20年以下の家の外壁は、サイディングの方が多いでしょう。
モルタルのメンテナンス方法が壁のひび割れの補修や外壁塗装の塗り替えが主になるのに対し、サイディングはモルタルの壁と同じメンテナンス方法に加え、コーキングの補充や打ち替えもあります。

ビルや集合住宅の外壁には、タイルが使われることも多いでしょう。タイルというと洗面所や浴室に使うツルツルしたものをイメージする方もいますが、外壁に使われるタイルはレンガ風のものが一般的です。タイル張りの場合は、接着剤で薄いタイルを外壁の上に貼りつけていますので、接着剤の補充や劣化したタイルの交換が行われます。

2-2.外壁のメンテナンス頻度

外壁のメンテナンス頻度は、8年~12年ごとに行うのが一般的です。モルタルやサイディングの方が耐用年数が短い傾向にあり、築後10年前後でメンテナンスをする方が多いでしょう。立地条件によって多少年数が前後しますが、どんな家でも15年を超えたら一度メンテナンスをした方がよいですね。

タイル張りの場合は、前述したように10年~12年ごとにメンテナンス必要になります。タイルのメンテナンスを怠っていると、剥がれてしまうこともあるでしょう。高層ビルの場合は事故につながりますので、築後10年を過ぎたらタイルの浮き検査をした方がよいですね。

2-3.メンテナンスフリーの素材はある?

現在のところ、メンテナンスフリーの外壁材はありません。どれほど高価な外壁材であっても、メンテナンスは必要です。ですから、家を建てる場合はメンテナンスのしやすさや費用で外壁を選んでもよいでしょう。

2-4.自分で行えるメンテナンス

幅0.2mm以下の細いひび割れの修繕や、シーリングの少量補充ならば、自分でも行えます。ホームセンターでシーリング材や外壁用の塗料を買ってきて、ひびを塗りつぶしたりシーリングを補充したりしましょう。

また、汚れやコケも狭い範囲なら自分で落とせます。中性洗剤を使ってぬるま湯でこすってみてください。高圧洗浄を行える機械や、スチームクリーナーの利用もおすすめです。
なお、高圧洗浄器は家庭用でも水圧がかなり強力なため、使用には注意を払いましょう。外壁素材によっては使えないものもありますので、必ず事前に確認をしてから使用してください。

3.業者に依頼するメンテナンスについて

この項では、専門業者に依頼する必要があるメンテナンス方法をご紹介します。どんなメンテナンス方法があるのでしょうか?

3-1.業者に依頼する必要があるメンテナンスとは?

業者に依頼すべきメンテナンスには

  • 外壁塗装の塗り替え
  • シーリングの打ち替え
  • タイルの張り替えや接着剤の注入
  • ひび割れの修理
  • 雨漏り修理・防水加工

があります。1つの業者が外壁メンテナンスとして塗り替えと軽度の補修を同時に行ってくれることも多いでしょう。

3-2.工事の費用や時期について

外壁のメンテナンスは、工事内容や家の規模などによって異なります。大規模修繕を行えば、100万円単位の費用がかかることもあるでしょう。特に、塗り替えは足場を組む費用もかかります。

工事を行う時期は、春と秋がおすすめです。夏は暑く、ゲリラ豪雨などが起こると工事が中断されます。冬は、5度以下になると水性塗料が夜間に凍りついてしまう可能性があり、外壁の塗り替えが行うことができません。もちろん、雪が降ってもダメです。ですから、寒冷地の場合、冬は工事ができないと考えましょう。
なお、季節によって工事費用が変わることはありません。ただし、春と秋は工事依頼が殺到しやすいので、早めに申し込みましょう。

3-3.工事の流れ

外壁塗装の塗り替えと軽い修復を同時に行ってもらう場合、

  • 外壁の汚れ落とす
  • 足場を組み、窓やエアコンの室外機を養生する
  • ひび割れの修復やシーリングの打ち替えを行う
  • 外壁の塗装を行う(一般的に3回塗り重ねる)
  • 足場・養生の撤去

という流れになります。通常の2階建て住宅の場合、2週間程度で工事は終了です。マンションの場合は1か月以上かかることもあるでしょう。

3-4.工事を依頼する目安

外壁を指でこすってみて、白い粉がつく「チョーキング」という現象が起こったり、外壁の広範囲にカビやコケが生えたらメンテナンスの時期です。また、台風などの自然災害が起こった後は外壁もダメージを受けますので、業者に外壁の状態をチェックしてもらいましょう。必要ならばメンテナンスを依頼します。何もなくても、10年を過ぎたら一度外壁の状態をチェックしてもらってください。

4.外壁メンテナンス業者の選び方

外壁メンテナンスを行う業者は、たくさんあります。マンションの場合は、建設会社の系列会社が修繕も行ってくれることが多いので、業者選びは一戸建てより迷いにくいでしょう。
一戸建ての場合は、費用や工事内容などで業者を選びます。複数の業者に見積もりを出してもらい、その中から選んでもよいでしょう。口コミサイトなども参考にしてください。

業者の中には、費用の安さを売り物にしているところもあります。この場合、正当な企業努力で料金を下げているのならば問題ありません。しかし、必要な工事を省いて費用を下げている業者もあります。特に、外壁塗装の塗り替えの場合、塗料を少なくしたり、塗り重ねの回数を減らせば、すぐに料金を下げられるでしょう。塗料の量や塗り重ねの回数は、耐用年数に影響が出ます。ですから、他の業者より極端に安い業者は要注意です。

何とかして費用を安くしたい場合は、オフィスチャンプのように、足場を組まない工法を行う業者に依頼しましょう。足場を組む費用は外壁塗装費用全体の、約20%を占めます。1平米当たり700円~1,000円が相場なので、30坪の住宅の場合は15万円前後になるでしょう。それをカットできればかなりお得になることもあります。

5.外壁のメンテナンスに関するよくある質問

Q.外壁の塗り替えは、自分でできませんか?
A.外壁に使う塗料は、塗り重ねをする必要があるため、素人では扱いが難しいでしょう。プロに任せた方がいいですね。

Q.一部の住人が反対しても、マンションの外壁メンテナンスは行えますか?
A.住民の過半数が賛成すれば行えるので、問題ありません。

Q.外壁が災害で大きく破損した場合は、保険金が出ると聞きました。
A.火災保険のオプションをつけていれば、保険金が下りることもあります。その費用でメンテナンスを行いましょう。

Q.欠陥住宅で外壁が壊れる、ということはありますか?
A.築2年未満なのに、外壁のひび割れが多発したり、サイディングのシーリングが激しく劣化している場合は、調査を依頼しましょう。

Q.メンテナンス業者に悪徳業者、というのはありますか?
A.飛びこみで営業にやってきて、その場で契約を迫るような業者とは契約しないように注意しましょう。

6.おわりに

いかがでしたか。今回は、外壁のメンテナンスについてご紹介しました。必要なメンテナンスは、外壁の種類や立地条件・気象条件などによって大きく異なります。ですから、費用も家ごとに異なるでしょう。業者に依頼する場合は、まず見積もりを作ってもらい、納得いくまで説明を聞いて契約しましょう。ちなみに、外壁塗料の技術は年々進歩していますので、塗り替えた結果、断熱効果などがアップすることもあります。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!