コンクリートクラックでお悩みの方へ! 主な症状・補修方法を詳しく!


「コンクリートにクラック(ひび)が入っているが放置しても大丈夫か」など、お悩みではないでしょうか。特に、壁のコンクリートにクラックがあると雨もりなどの原因になるだけでなく、建物の強度が下がって災害時も心配です。まずは、コンクリートクラックの症状を見極め、確実に補修をしておきましょう。そこで、今回は、コンクリートクラックについて詳しく解説します。

  1. コンクリートクラックとは?
  2. コンクリートクラックをチェックしてみよう
  3. コンクリートクラックの補修について
  4. コンクリートクラックの補修業者選びについて
  5. コンクリートクラックに関するよくある質問

この記事を読むことで、コンクリートクラックついてよく分かり、きちんと補修できるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.コンクリートクラックとは?

最初に、コンクリートクラックとはどんなものか詳しく見ていきましょう。

1-1.クラックとはどんな状態?

クラックとは、ひび割れが起きている状態のことです。コンクリートは、さまざまな理由でクラックが発生します。クラックの種類や場所によっては、建物の強度が落ちるので注意してください。特にクラックができやすいのは、以下のような部分です。

  • 外壁
  • 基礎部分

1-2.コンクリートクラックの原因

コンクリートクラックの主な原因には、以下のようなものがあります。まずは、何が原因で発生したクラックかじっくり突き止めましょう。

  • 塗料の乾燥収縮によるもの
  • 鋼材によるサビの侵入
  • 経年などによる劣化
  • 地震や台風などの自然災害
  • 地盤沈下
  • 施行不良

1-3.コンクリートクラックの種類

コンクリートクラックの主な種類は、以下をご覧ください。

1-3-1.乾燥クラック

乾燥クラックは塗料が乾燥するときに起こる収縮が原因で、建物の強度に直接影響が少ないものです。中でも、ごく浅いクラック(幅0.3mm以下・深さ4mm以下)のものをヘアークラックと呼びます。

1-3-2.構造クラック

構造クラックとは、建物の構造的な問題(施工不良や地盤沈下に伴うゆがみなど)から発生するものです。構造クラックは、建物の一部に負担が大きくかかっている証拠であるため、早急に補修が必要になります。

1-4.コンクリートクラックの影響

コンクリートクラックは、放置しないでください。放置するとクラックが大きくなって修復が大変になるだけでなく、雨もりしやすくなり、建物の強度が落ちてしまいます。強度が落ちた建物は自然災害などの影響を大きく受けやすく、最悪の場合、倒壊することもあるのです。コンクリートクラックが広範囲にわたっているときは特に危険なので、すぐに修復してください。

2.コンクリートクラックをチェックしてみよう

コンクリートクラックをチェックし、どんな症状が見られるかチェックしましょう。

2-1.発見したら最初にすることは?

コンクリートクラックを発見したら、最初にどんな状態かよく観察しましょう。観察するときは、以下のポイントに注目してください。

  • クラックの深さ・長さ・幅
  • クラックが起きた部分
  • 状態(はがれや色落ち・シミなどがあるか)
  • そのほか気になる点はあるか

2-2.コンクリートクラックの度合いをチェック

コンクリートクラックの度合いをチェックしてみましょう。乾燥クラックの中でも、ごく浅いヘアークラック(幅0.3mm以下・深さ4mm以下)なら修復も簡単です。しかし、以下のような場合は、すぐに業者に相談して補修を検討してください。

  • 深いクラック(幅0.4mm・深さ5mm以上)
  • 構造クラック(基礎部分の大きなクラックや周囲のコンクリートの脱落を伴うものなど)

2-3.コンクリートクラックの症状について

コンクリートクラックには、以下のような症状を伴うことがあります。いずれも建物の劣化を進めるため、補修が必要な状態です。

  • 漏水(周辺のシミ・屋内への浸水)
  • クラック周辺のはがれ・脱落
  • コケ・害虫の発生

3.コンクリートクラックの補修について

コンクリートクラックの補修について詳しく解説します。

3-1.コンクリートクラックの補修は自分でできる?

コンクリートクラックの補修は、ごく浅く狭い範囲のものは自分で補修することもできます。DIYショップなどで補修材料を購入し、クラックの部分をうめるだけで補修完了です。補修部分を目立たなくさせるためには、できるだけ周囲の色とマッチしたものを選んでください。

3-2.プロに依頼すべき症状とタイミング

以下のような症状が見られるときは、プロに依頼するべきでしょう。

  • クラックが広範囲にわたっている
  • クラックが深い
  • クラックから水もれが見られる
  • 基礎部分のクラック
  • コンクリートの脱落が見られる

また、徐々にクラックが広がってきた場合も、プロに依頼してください。タイミングを逃すと、補修工事が大がかりになったり費用がかさんだりします。また、クラックの位置や状態によっては建物の強度が低くなり危険なため、早めに対応しましょう。

3-3.プロに依頼した場合の補修方法や料金

プロにコンクリートクラックの補修を依頼した場合、主な方法や料金は以下のとおりです。

  • エポキシ樹脂などを充てん(ヘアークラックなど):数千円程度~
  • モルタル塗装で補修(クラックが広範囲・深い):数万円程度~

なお、コンクリートクラックの位置が高所だったり作業が困難な場所に発生したりしている場合、足場を組む可能性があります。足場を組んだ場合、料金が50万円程度~上乗せとなるので注意しましょう。なお、当オフィスチャンプでは足場を組まない工法を採用しているため、足場費用は不要です。

4.コンクリートクラックの補修業者選びについて

コンクリートクラックの補修業者選びについて詳しく解説します。

4-1.まずは現場視察と見積もりを依頼しよう

コンクリートクラックの補修は、業者に現場視察と見積もりを依頼することから始めましょう。まずは、業者の目できちんと見極めてもらい、適切な補修を行った場合の見積もりを出してもらうことが必要です。見積もりの段階では、複数の業者に依頼して構いません。見積もりの内容だけでなく、業者の態度もしっかりチェックしてください。

4-2.業者選びのコツやポイント

コンクリートクラックの補修工事を依頼するときは、以下の条件を満たした業者にしましょう。

  • コンクリートクラックの補修実績が豊富
  • 優れた補修技術や丁寧な作業に定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • 担当スタッフの態度や受け応えがいい
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当オフィスチャンプでも、コンクリートクラックの補修工事をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-3.工事費用を節約するには?

コンクリートクラックの費用を節約するには、主に以下のような方法があります。

  • 安い材料を使ってもらう
  • 最低限の補修にとどめてもらう
  • 工事費用の安い業者に依頼する

ただし、工事費用を安くしたために、工事品質が下がってしまっては後悔することになるので注意しましょう。なお、前述のように、当オフィスチャンプでは足場を作らない工法を採用しています。足場費用がかからず、高品質な工事をリーズナブルな料金でご案内可能です。ぜひご検討ください。

4-4.コンクリートクラックの補修工事の流れ

コンクリートクラックの補修工事は、以下のような流れで進みます。

  1. 業者がコンクリートクラックの状態を最終確認する
  2. 工事周辺の養生をする
  3. コンクリートクラックの補修工事を行う
  4. 仕上げ工事(再塗装など)を行う
  5. 養生の取りはずしや周辺の清掃をする
  6. 最後に業者と依頼者が工事部分を確認して完了

4-5.疑問や不安を残したままにしないこと

コンクリートクラックの補修を業者に依頼するときは、疑問や不安を残したままにしないようにしましょう。たとえば、見積もりの記載でよく分からない項目がある、工事内容がよく分からないなどのまま進めてはいけません。多分大丈夫だろうと考えて進めた結果、依頼内容と異なる工事が行われることもあるのです。満足度の高い仕上がりにするためにも業者との意思疎通をきちんとし、納得しておきましょう。

5.コンクリートクラックに関するよくある質問

最後に、コンクリートクラックに関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.ヘアークラックなら自分で修復していい?
A.ごくわずかな範囲のヘアークラックならば、ホームセンターなどで売っている補修キットを使用してもいいでしょう。ただし、修復後にクラックが広がったりほかの部分にもクラックを発見したりした場合は、念のため業者に相談することをおすすめします。

Q.コンクリートクラックからサビが出ているのはなぜ?
A.コンクリート内部に金属が使われているからです。クラック部分から浸水することでサビが発生します。内部の金属の劣化が進み、建物の強度が下がるため早急に補修してください。

Q.地震の後にできたクラックは保険でカバーできる?
A.契約中の保険内容によります。まずは、保険証書を確認してみてください。なお、地震保険でカバーできる場合でも、保険会社が確認する前に補修した場合などは対象外となることがあるので注意しましょう。まずは、証拠写真を撮影し、保険会社に連絡することをおすすめします。

Q.コンクリートクラックがひどい場合は建て替えるべきですか?
A.基礎部分に致命的なコンクリートクラックがある場合は、建て替えしたほうがいいこともあります。状況にもよるので、まずは業者に相談してみてください。

Q.クラックが起きないコンクリートはある?
A.現時点では存在しません。コンクリートは、何らかの理由でいずれはクラックを起こすと考えてください。ただし、コンクリートの性質を見極めて高品質な工事を行い、地盤がしっかりした土地に建築した建物はクラックが起こりにくいでしょう。

まとめ

今回は、コンクリートクラックについて詳しく解説しました。コンクリートのひび割れは、放置するとどんどん悪化してしまいます。まずは、どんな状態か確認し、できるだけ早く補修することが必要です。ごく浅いクラックならば、自分で補修することもできるでしょう。しかし、深かったり広範囲にわたっていたりする場合は、信頼できる業者に補修を依頼してください。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!