断熱リフォームの効果が気になる! 詳しい方法とコツを解説!


今、断熱リフォームがますます注目を浴びています。家の省エネ効果が高まりエコになるほか、光熱費を抑えることも可能です。しかし、「どんな効果があるのか」「どんな工事をすればいいのか」など、よく知らないことも多いことでしょう。そこで、今回は、断熱リフォームの効果を踏まえ、詳しい方法やコツなどを詳しく解説します。

  1. 断熱リフォームについて
  2. 断熱リフォームの方法
  3. 断熱リフォーム工事について
  4. 断熱リフォームについてよくある質問

この記事を読むことで、断熱リフォームについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.断熱リフォームについて

最初に、断熱リフォームについて詳しく解説します。

1-1.断熱とは?

断熱とは、建物の外側と内側の気温差を少なくすることです。家などの建物は、外気温や直射日光の影響を大きく受けます。断熱が施されていない場合は、夏の屋内は我慢できないほどの暑さになり、冬は寒くてたまらなくなるものです。加えて、冷暖房の光熱費がかかる・熱中症などのリスクが高まるなど、さまざまな問題があります。

1-2.断熱リフォームのメリット

断熱リフォームの主なメリットには、以下のようなものがあります。

  • 環境にやさしい
  • 冷暖房の効率がよくなる
  • 光熱費が下がる
  • 熱中症やヒートショックの予防になる

1-3.断熱リフォームはどんな場合におすすめ?

断熱リフォームは、以下のような場合におすすめです。

  • 1年中快適な室内環境を実現したい
  • 光熱費を下げたい
  • 熱中症やヒートショックを予防したい
  • 高齢者や乳幼児がいる

1-4.断熱リフォームの効果について

断熱リフォームの効果は、永遠ではありません。どんなに効果の高い工事であっても、経年などの理由で効果は薄れるものです。特に、断熱塗料でリフォームしたものは、いずれ寿命を迎えます。断熱効果を継続するためにも、おおよそ10年程度を目安にリフォームし直してください。

2.断熱リフォームの方法

断熱リフォームの方法について詳しく解説します。

2-1.プロによる断熱方法・工法について

プロによる断熱方法や工法について詳しく解説します。

2-1-1.断熱方法・工法の種類

断熱方法・工法の種類は、主に以下のようなものがあります。

<断熱塗料を塗る>

屋根や外壁などに断熱塗料を塗る方法です。簡単な作業で断熱効果を得ることができるため、人気が高まっています。

  • メリット:比較的安価・簡単にできる・広範囲の断熱効果が期待できる
  • デメリット:経年などにより徐々に効果が減少する

<断熱材を入れる>

屋根裏や壁・床下などに断熱材を入れることにより、効果を得る方法です。シート状の断熱材を敷き詰める方法と、ウレタンフォームを吹きつける方法があります。

  • メリット:家の外観を変えずに済む
  • デメリット:工事が長期化・大がかりになりやすい、費用が高くつく

<断熱効果のあるものにする>

たとえば、窓に内窓をつけて二重窓にすることで物理的に断熱効果を高める方法です。古い住宅などで、取りつけが悪くなっている場合などにも、大きな効果を期待できます。

  • メリット:高い断熱効果がある
  • デメリット:広範囲には適用しにくい

2-1-2.断熱リフォームをする場所

断熱リフォームをする主な場所は、以下をご覧ください。

  • 天井
  • 外壁

2-2.断熱方法の選び方

断熱方法を選ぶときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 断熱効果はどうか
  • 予算内で収まるか
  • 工期はどのくらいか

断熱方法で迷うときは、プロの業者に相談するといいでしょう。

2-3.断熱リフォームの最近の傾向

複数箇所の断熱リフォームを行うケースが増えています。たとえば、屋根と外壁・外壁と床下のような組み合わせです。複数の断熱リフォームを行うことで、より高い効果が期待できます。初期費用はかかりますが、長い目で見ればエコになり光熱費も下がるなどメリットが大きくなっていくことでしょう。

3.断熱リフォーム工事について

断熱リフォーム工事について詳しく解説します。

3-1.断熱リフォームの流れ

断熱工事の流れについては、以下を参考にしてください。

  1. 業者に連絡し、断熱リフォームについて相談する
  2. 業者が現場視察を行う業者と打ち合わせて断熱リフォームの場所と方法を確認する
  3. 業者からの見積もりをチェックして正式契約をする
  4. 希望工事日に業者がやってきて断熱リフォーム工事を開始する
  5. 工事が終了したら、業者と依頼者で現場をチェックして完了

3-2.断熱リフォームの費用相場

断熱リフォームの費用相場は、以下を目安にしてください。

  • 床:床をはがさずに断熱シートを入れた場合、66㎡で20~30万円程度
  • 天井:天井をはがして断熱シートを敷いた場合、66㎡で40~90万円程度
  • 窓:内窓を設置して二重窓化した場合、1か所につき8~15万円程度
  • 外壁:断熱塗料を塗った場合、150㎡で80~120万円程度

なお、断熱リフォームの効果を高めつつも低価格化するためには、以下を参考にしてください。

  • 工事費用が安い業者に依頼する
  • 断熱効果の高さが見込める部分だけ工事をする
  • 部分ごとに依頼するよりまとめて依頼する

いずれにしても、業者によく相談してみてください。

3-3.断熱リフォームの補助金について

断熱リフォーム工事では、条件が合えば自治体などから補助金を受けることができます。お住まいの自治体でどんな補助金があるかについては、以下で調べてみるといいでしょう。

なお、補助金を受けるためには、工事前の申請が必要・指定内容の工事を行うなど、さまざまな注意点があります。また、人気の補助金は募集後すぐに締め切られることが多いので早めに申し込みましょう。

3-4.断熱リフォーム業者の選び方

断熱リフォームを業者に依頼するときには、以下のポイントを重視しましょう。

  • 断熱リフォーム工事の実績が豊富
  • 高い技術力を持っている
  • 見積もりは無料
  • 工事費用がリーズナブル
  • 希望の工期を考慮してくれる
  • 担当スタッフの対応が親切で丁寧
  • 顧客からの信頼が厚い
  • 工事保証やアフターフォローが充実している

なお、当オフィスチャンプでも断熱リフォームのご相談をお受けしていますので、お気軽にご利用ください。

3-5.断熱リフォームでは悪質業者に注意

電話勧誘や訪問などによる営業で、断熱リフォーム工事を強要するトラブルが増えています。最初は、「無料で住宅診断をしている」などと甘い言葉で近づいてきて自宅に上がり込み、「すぐに断熱工事をしないと大変なことになる」などと不安をあおるのが特徴です。悪質業者は、単に売り上げだけを上げるために近づいてくるので注意しましょう。工事品質も悪いことが多く、高い費用の割には無駄になるだけです。まずは、悪質業者を家に上げないでください。断熱リフォームは、前述したポイントを満たす業者と契約することです。

4.断熱リフォームについてよくある質問

最後に、断熱リフォームについてよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.断熱リフォーム工事に適した時期はありますか?
A.断熱効果を主に実感するのは、主に夏と冬です。また、外壁塗装や屋根塗装など、雨の影響を受けやすい工事もあるため、春もしくは秋で雨が少ない時期を選ぶといいでしょう。

Q.断熱リフォームをすれば結露も解消できますか?
A.断熱リフォームをすると、結露を防ぐことも可能です。特に、今まで結露による水滴やカビなどの被害で悩んでいる人にはおすすめします。

Q.足元が冷える場合は、床暖房にすればいいのでは?
A.確かに、床暖房を入れることによっても足元の冷えを解消できるでしょう。ただし、床暖房では光熱費が膨らむという問題点もあります。まずは、業者に相談してじっくり考えてから決めるといいでしょう。

Q.断熱リフォーム工事をすれば冬場にヒートショックが起こらない?
A.ヒートショックの予防に高い効果が期待できます。ただし、単に断熱リフォーム工事をしただけでは不十分であることも理解してください。たとえば、特に気温が低い日に暖房をつけない状態で衣服を脱げば、ヒートショックになることもあり得ます。断熱リフォームを行っても、適宜、暖房を活用することが必要です。

Q.断熱リフォームの工事品質に不満がある場合は?
A.まずは、業者に連絡して不満内容をきちんと伝えましょう。その後、現地視察を依頼して状況を確認してもらってください。業者の落ち度が原因なら、ただちにやり直してもらえます。万が一のときのためにも、工事保証やアフターフォローが充実した業者を選ぶと安心です。

まとめ

今回は、断熱リフォームについて詳しく解説しました。家を断熱リフォームすることで、外気温の影響を受けにくくなって快適な屋内環境を実現できます。また、冷暖房効率が上がるので光熱費の削減にもつながることでしょう。まずは、どこをどんな方法でリフォームするのかじっくり検討してみましょう。断熱リフォームの効果を最大限にするためにも、実績豊富で信頼できる業者と相談して進めていくことが大切です。冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごせる我が家にするためにも、業者選びをきちんと行いましょう。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!