外壁の色はどう組み合わせるべきか? 色選びのポイントや重要性も!


「外壁の色をどう組み合わせるか迷っている」「どんな色が人気なのか?」とお悩みの人は多いでしょう。外壁の色は住宅の外見を左右する重要なものです。色の組み合わせ方によって印象も大きく変わってくるため、慎重に選ぶ必要があるでしょう。この記事では、外壁の色選びの重要性や人気の組み合わせ方・ポイントなどをまとめてご紹介します。

  1. 外壁の色について
  2. 色の組み合わせ方
  3. 色選びのポイント
  4. 外壁リフォームについて
  5. 外壁の色に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁の色の組み合わせ方を考える上で知っておくべきことが分かるはずです。主な色のメリットやデメリット・外壁リフォームの費用相場なども、ぜひ参考にしてください。

1.外壁の色について

まずは、外壁の色選びをする際に覚えておくべきことや最近の傾向などをまとめました。

1-1.外壁の色は大きな影響を及ぼす

建物を一目見たときに、まず目に入るのが色だと思います。外壁の色はその建物のイメージがよいか悪いかを左右するポイントになるのです。もちろん、周囲の建物や景観とバランスがとれているかどうかも、色が関係してきます。違和感なく周囲に溶け込んでいるか、自分にとっても好みの色であるか、よく考えた上で外壁の色を選択する必要があるでしょう。

1-2.「色のトリック」を理解することが大切

仕上がった外壁を見て「イメージしていた色と違う」と思うこともあるでしょう。その原因は「色のトリック」を理解せずに色選びをしてしまったことにあります。たとえば、外壁の色を決める際に小さな色見本を使って選ぶことが多いはずです。しかし、実は色の明度や彩度は、面積の大きさによって違って見えるということをご存じでしょうか。また、周囲の色の影響を受けて本来の色とは違って見える場合もあるということを覚えておいてください。

1-3.主な色のメリットとデメリット

外壁の色に使われることが多い白や黒・赤・青などの色のメリットとデメリットを参考までにご紹介しましょう。

  • 白:シンプルで清潔感があるが、汚れが目立ちやすい
  • 黒:重厚感や高級感がある反面、熱を吸収しやすく室内の温度が上がってしまう
  • 赤:元気で個性的な印象があるが、周囲から浮きやすい
  • 青:落ち着いたイメージがある反面、色あせが目立ちやすい

1-4.自分好みの色を選択する人が増えている

最近はデザイン性の高い住宅が増えてきていることもあり、外壁や屋根の色を自分の好みで選ぶ人が多くなっているのが現状です。「自分の好きな色を選んで気持ちよく暮らしたい」という思いから、個性的な色を選ぶ人も少なくありません。

2.色の組み合わせ方

外壁の色を組み合わせる場合のポイントや最近の傾向をご紹介しましょう。

2-1.複数の色を使う場合

外壁を垂直または水平方向に色分けする、凸凹のある部分だけを異なる色にするなど、外壁の色を複数組み合わせるケースも増えてきています。この場合、色の組み合わせ方や色量のバランスをしっかり考える必要があるでしょう。

2-2.似た色を3つ以下で配色するのがポイント

使用するのは3色以下にすること、似た色同士を配色することが成功のポイントになります。たとえば、グレーと黒・クリーム色と茶色など、同系色で組み合わせるとまとまりが出るでしょう。3色以上使うと全体のバランスが悪くなりがちなので注意してください。

2-3.最近人気の組み合わせとは?

最近特に人気なのは、ナチュラル系カラーの組み合わせです。ホワイト系やベージュ系・モカ系の色を組み合わせて穏やかな雰囲気に仕上げる家が多くなっています。そのほかにも、同じ色味で明度差を変化させた2色を用いるのが人気です。

3.色選びのポイント

外壁の色選びのポイントや最近の人気色などをまとめました。

3-1.色選びで押さえるべきポイント

外壁の色を選ぶ際は、自分の好みだけでなく、近隣の家や周辺の景色とのバランス、サッシや屋根の色との組み合わせなども考えることを忘れないでください。できれば近隣の様子が映っている家の写真を撮影し、周辺や家全体とのバランスがとれる色合いは何なのか、考えてみるとよいでしょう。たとえば、周辺に緑が多い場合はホワイト系の外壁にして調和がとれるようにする、落ち着いた外壁の家が並んでいる場合は浮かないように似た雰囲気の色を選ぶなどがおすすめです。

3-2.カラーシミュレーションで仕上がり後のイメージを

カラーシミュレーションで仕上がり後をイメージしてみることをおすすめします。専用ソフトを使ってカラーシミュレーションを作成し、提案してくれる業者もあるため、確認してみるとよいでしょう。

3-3.人気色はベージュ系

現在の人気色を確認しておくことも大切でしょう。最も人気があるのはベージュ系です。色の明るさによって落ち着いた雰囲気にもかわいらしい雰囲気にもなるため、選ぶ人が多くなっています。続いて、どんな色とも相性がよいホワイト系、大人っぽいイメージで汚れも目立ちにくいグレー系が人気です。

3-4.「景観ガイドライン」に注意

市区町村によっては「景観ガイドライン」というものを定めており、街の景観に合った外壁の色にする必要があるところもあります。たとえば、「緑に調和する色彩」「過度な演出を避ける」などさまざまな決まりがあるため、事前に確認しておくことを忘れないでください。

4.外壁リフォームについて

外壁のリフォーム工事を依頼する業者の選び方や費用相場などをまとめました。

4-1.業者選びのポイント

リフォーム業者を選ぶ際には、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 技術力や提案力があるか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • アフターサービスの内容は充実しているか
  • スピーディーな対応をしてくれるか

4-2.費用相場は30坪で50~90万円程度

建物の大きさや使用する塗料にもよりますが、30坪の一軒家の場合、費用相場は50~90万円といわれています。業者によっても異なるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるとよいでしょう。大まかな相場を把握できるはずです。

4-3.外壁塗装工事の流れ

外壁塗装工事の流れは、一般的に以下のようになります。

  1. 近隣への挨拶
  2. 足場の設置
  3. 高圧洗浄
  4. 下地調整
  5. 養生
  6. 外壁塗装
  7. 足場解体・撤去
  8. 清掃
  9. 引き渡し

4-4.悪徳業者に注意!

リフォーム業者の中には悪質な営業をしている業者も存在しているため、注意が必要です。実際に「見積書の内容と違う高額な料金を請求された」「ずさんな工事をされた」などのトラブル例も数多く報告されています。たとえば、いきなり訪問してきて緊急性をあおり、リフォームをすすめてくるのは悪徳業者の手口です。また、極端な値引きをしてくる業者や見積書の内容に不明確な項目が多い業者も利用しないことをおすすめします。

5.外壁の色に関するよくある質問

「外壁塗装を検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.外壁の塗装は何年ごとに塗り直すものでしょうか?
A.使用している塗料によって耐用年数は異なります。ウレタン系塗料の耐用年数は6~10年、シリコン系塗料は8~15年といわれているため、その数字を参考にした上で外壁の状態をチェックし、検討しましょう。

Q.外壁の色選びで多い失敗は何ですか?
A.「実際の仕上がりがイメージと違った」「個性を出し過ぎて悪目立ちしてしまった」「汚れが目立つようになってしまった」などの失敗例が多いでしょう。

Q.周囲から浮かないように無難な色を選びたいと思ってはいるのですが、個性を出したい気持ちもあります。どうすればよいでしょうか?
A.ベージュ系やグレー系などよくある色を選んだ上で、一部分にレンガやタイル・サイディングなどを施すなどして個性を出すのがおすすめです。

Q.最も汚れが目立ちにくいのは、何色の外壁でしょうか?
A.グレー系の色です。外壁に付着する汚れはグレーがかったものが多いため、グレー系の外壁にしておくと目立ちにくくなります。

Q.悪質なリフォーム業者とのトラブルは、どこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターに相談してみるとよいでしょう。適切なアドバイスをもらえるはずです。

まとめ

いかがでしたか? 外壁の色の組み合わせ方や工事にかかる費用相場などをまとめてご紹介しました。外壁の色は家全体や周囲とのバランスを考えて選ぶ必要があります。「何色にするべきか迷っている」という人は、ぜひこの記事を参考にしてください。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!