外壁のひび割れを放置すべきでない理由!補修に利用できる制度も!


「外壁のひび割れが気になる」「放っておいても大丈夫なのか?」とお悩みではありませんか? 外壁のひび割れは、見た目が悪くなるだけでなく建物の劣化をすすめる原因になる場合もあるのです。すぐ補修すべきひび割れなのか、どうやって補修すればよいのか、早めに判断して対応を検討する必要があるでしょう。

この記事では、外壁のひび割れを放置した場合の影響や補修方法などをまとめてご紹介します。

  1. 外壁のひび割れによる影響
  2. 外壁のひび割れにはどんな種類があるのか?
  3. ひび割れが発生しやすいのはこんな場所
  4. 利用できる保証や保険制度
  5. 外壁のひび割れを補修する方法
  6. 外壁のひび割れに関するよくある質問

この記事を読むことで、すぐ対処すべきひび割れの症状や、ひび割れの補修を業者に依頼した場合の費用などが分かるはずです。

1.外壁のひび割れによる影響

まずは、外壁のひび割れが引き起こす問題にはどのようなものがあるのかをご紹介しましょう。

1-1.雨漏りの原因になる

ひび割れが外壁の内部にまで拡大すると、雨水が浸入して雨漏りの原因になります。外壁材が劣化し、やがて室内にも雨漏りの影響が出てしまうことになるでしょう。

1-2.建物の劣化がすすみ、耐性が落ちる

ひび割れから入り込んだ雨水は、柱や梁(はり)など建物の構造部分が劣化する原因になります。また、湿気を好むシロアリなどの害虫が大量発生し、下地材の劣化をすすめてしまう可能性もあるでしょう。その結果、建物自体の耐性が落ち、地震などで倒壊しやすくなる恐れも出てきます。

1-3.見た目が悪くなる

もちろん、見た目が悪くなるという問題もあります。見た目の美観が損なわれると、建物の資産価値が低下することにもつながるでしょう。

2.外壁のひび割れにはどんな種類があるのか?

外壁のひび割れを種類ごとにご紹介しましょう。

2-1.ヘアクラック

ヘアクラックは幅0.3mm以下のひび割れのことで、髪の毛のように細く短いことからこのように呼ばれています。ヘアクラックが発生する原因は、ほとんどが経年劣化によるものです。まれに、塗装工事の手抜きや塗料の選定ミスなどが原因で起こることもあります。

2-2.乾燥クラック

乾燥クラックは、塗料の乾燥が原因で発生するひび割れのことです。素地(そじ)が完全に乾燥すると収縮が止まります。

2-3.構造クラック

構造クラックは、建物の構造的な欠陥などが原因で起こるひび割れのことです。放置すると外壁材がはがれ落ちてくることもあります。

2-4.縁切れクラック

縁切れクラックは、作業を中断したり部分的に塗り直したりした際、塗り継ぎ部分に生じるひび割れです。塗装中に発見されることが多いため、その場で補修される場合がほとんどでしょう。

3.ひび割れが発生しやすいのはこんな場所

特にひび割れが発生しやすいのは、以下のような場所です。

3-1.窓や扉の近く

窓や扉など開口部周辺は、特にひび割れが起こりやすい場所です。開閉によって負担がかかりやすいこと、地震の影響を受けやすいことがその理由でしょう。

3-2.シーリング部分

サイディング仕上げの外壁では、ボードとボードの継ぎ目になるシーリング部分にもひび割れが起こりやすいため、注意が必要でしょう。シーリングは外壁材に比べて劣化しやすく、真ん中を裂いたようなひび割れが発生しやすいのです。

3-3.モルタル外壁の中心

モルタル外壁は面積が大きい面の中心部分に、ひび割れが発生しやすいのが特徴です。乾燥収縮による影響を受けやすいのが理由となっています。

4.利用できる保証や保険制度

外壁のひび割れ補修では、保証や保険を利用できる場合もあります。

4-1.原因によっては施工業者の保証対象となる

外壁塗料のメーカーや施工業者による保証の対象になるのは、塗料のはがれや塗りムラなどが主であり、ひび割れに対して適用されるケースは少ないでしょう。ただし、明らかな施工上のミスや手抜きと判断された場合は、ひび割れに対しても施工業者の保証が適用される場合もあります。たとえば、外壁塗装をして1年もたたないうちにひび割れが発生した場合などは、交渉しだいで無償補修してもらえる可能性があるでしょう。

4-2.火災保険や地震保険が適用されるケースも

台風による強風や地震など、突発的な自然災害が原因で外壁にひび割れが起こった場合は、火災保険や地震保険が適用されるケースもあります。ただし、いくつか定められた条件を満たす必要があるため、しっかりと確認しておきましょう。また、損害の補償金額にも条件が設けられている場合がほとんどです。

5.外壁のひび割れを補修する方法

外壁のひび割れを補修する方法についてまとめました。

5-1.ヘアクラックは自分で応急処置しておくと安心

ひび割れの幅が0.3mm以下のヘアクラックについては、急いで補修する必要はありません。ただし、応急処置をしておくと安心でしょう。応急処置の方法には、以下の2種類があります。

  • チョーク式:セメントチョークを手で塗り込む
  • スプレー式:セメントの粉をスプレーする方法

5-2.シーリング材を使って補修する方法

1mm以内のひび割れであれば、自分で補修できる可能性があります。ホームセンターなどで売っているシーリング材を使い、以下のような手順で補修しましょう。

  1. 汚れを取り除く
  2. 周囲をマスキングテープで養生する
  3. 下地材を塗り、シーリング材を埋める
  4. ヘラで平らに整える

5-3.幅1mm以上のひび割れは業者に依頼を

ひび割れの幅が1mm以上の場合は、建物の構造部分にも影響が及んでいる可能性があるため、業者に補修を依頼することをおすすめします。どこまで影響が及んでいるのか調査を受け、適切な方法で補修してもらいましょう。

6.外壁のひび割れに関するよくある質問

「外壁のひび割れについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ひび割れが起こりやすいのはどんな外壁材ですか?
A.窯業系の壁やモルタル壁は、特にひび割れが発生しやすいといわれています。逆に、ガルバリウム鋼板の外壁はひび割れが起こりにくいのが特徴です。

Q.市販のシーリング材はどのようなものがおすすめでしょうか?
A.耐候性や耐久性が高い変成シリコン系がおすすめです。ほかのシーリング材に比べて塗料を弾(はじ)いてしまう心配がありません。

Q.外壁のひび割れを早期に発見するには、どうしたらよいでしょうか?
A.定期的なチェックが何より重要になります。業者による定期点検はもちろんのこと、こまめに目視でチェックし、ひび割れが起きていないか確認しましょう。

Q.  ひび割れ補修業者を選ぶ際のポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・無料見積もりを受け付けているか・料金が相場からかけ離れていないか・アフターフォローが充実しているかなどをチェックしましょう。

Q.ひび割れ補修を業者に依頼した場合の費用相場はどのくらいですか?
A.1㎡あたり1,700~2,500円前後が相場といわれています。足場を組むか・全体的な塗装の塗り替えが必要かどうかによって費用が大きく変わってくるため、事前にしっかり確認してください。

まとめ

外壁のひび割れを放置する影響や補修方法などをまとめてご紹介しました。外壁のひび割れは、建物の寿命にもかかわる重要な問題です。すぐに対処すべき症状や発生しやすい場所などに関する情報・知識を持っていれば、早期発見・早期対処によって被害をできるだけ少なく済ませるようになるでしょう。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!