外壁塗装の耐用年数が知りたい! 耐用年数を延ばすためのポイントも


外壁塗装・外壁塗料・外壁材には、それぞれ耐用年数があります。「現在使っている塗料や外壁材の耐用年数がすぎているかもしれない」「どのように確認すればいいんだろう?」と外壁塗装の耐用年数について悩んでいる方は多いでしょう。耐用年数をすぎるころから、外壁に劣化症状がみられるので意識しておかなければなりません。

本記事では、外壁塗装の耐用年数について詳しく説明します。

  1. 外壁塗装・外壁塗料・外壁材の耐用年数は?
  2. 外壁塗装の耐用年数がすぎているかを判断するには?
  3. 外壁塗装の耐用年数がすぎている場合の対処法
  4. 外壁塗装の耐用年数を延ばすためのポイント
  5. 外壁塗装の耐用年数に関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装の耐用年数を延ばすためのポイントも分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.外壁塗装・外壁塗料・外壁材の耐用年数は?

まずは、外壁塗装・外壁塗料・外壁材それぞれの耐用年数をチェックしておきましょう。

1-1.塗料の種類や下地処理で耐用年数は変わる

正直なところ、外壁塗装は何年で寿命がやってくるとは明確に決められていません。塗料の種類や下地処理で耐用年数が大きく変わるからです。さまざまな種類の塗料が登場していますし、下地処理も建物の立地や環境などで異なります。特に、外壁塗装の耐用年数は塗料の影響が大きいといえるでしょう。塗料の耐用年数によって外壁塗装の耐用年数が変わるといっても過言ではありません。だからこそ、外壁塗料の耐用年数をしっかりとチェックした上で塗料を選ぶ必要があります。

1-2.主な塗料の耐用年数をチェック!

主な外壁塗料として、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・ラジカル系・光触媒塗料・ピュアアクリル塗料・フッ素系・遮熱系・無機系の9種類を紹介します。

  • アクリル系塗料(耐用年数4~7年):耐久性は低いがコストパフォーマンスが高い
  • ウレタン系塗料(耐用年数6~10年):耐久性が安定しており、汚れや色あせに強い
  • シリコン系塗料(耐用年数8~15年):屋根の屋根や外壁の塗り替えで最も使用されている
  • ラジカル系塗料(耐用年数8~15年):シリコン同様で耐久性に信頼がある
  • 光触媒塗料(耐用年数10~15年):雨や太陽の光で汚れをきれいにしてくれる
  • ピュアアクリル塗料(耐用年数12~15年):耐久性はトップクラスで防水性に優れている
  • フッ素系塗料(耐用年数15~20年):商業施設や大きなビルなどで使用される
  • 遮熱系塗料(耐用年数15~20年):熱を反射してくれる効果がある
  • 無期刑塗料(耐用年数15~20年):耐久性・耐候性がトップクラス

1-3.外壁材の耐用年数もチェック!

サイディングボード・モルタル壁といった外壁材の耐用年数もチェックしておきましょう。

  • 窯業系・金属系・木質系・樹脂系サイディングボード:40年
  • モルタル壁:30年
  • ALCボード:60年
  • コンクリート壁:60~100年
  • タイル:40年

2.外壁塗装の耐用年数がすぎているかを判断するには?

では、外壁塗装の耐用年数がすぎているかを判断するには、一体どうすればいいのでしょうか。

2-1.劣化症状が起きていないかチェックする

簡単な方法としては、劣化症状が起きていないかチェックすることです。耐用年数がすぎていると塗料にさまざまな変化がみられるようになります。自分の目で確認できる範囲で構いませんので、以下のポイントに注目しながら外壁をチェックしてみてください。

  • チョーキング現象(触ると白い粉がつく)が起きているか
  • 外壁にカビやコケが大量に生えているか
  • 塗装(塗膜)にひびが入っているか
  • 塗装が剝がれてきているか
  • 外壁が汚れてきているか
  • 金属部のサビが目立ってきているか
  • 塗装の色あせがひどくなっているか

上記の中でも特にチェックしておきたいのは、ひび割れです。どんなに小さなひび割れでも、放置するほどにどんどんひどくなり、雨水が室内へ浸入する恐れがあります。ひび割れを見つけたときは、できるだけ早めに対処しなければなりません。

2-2.以前のメンテナンスから10年以上経過している場合

一般的に、外壁塗装は10年に1度のメンテナンスが必要だといわれています。以前のメンテナンスから10年以上経過している場合は劣化している可能性が高いので、塗り替えや補修をしたほうがいいでしょう。また、以前塗装してもらった業者が分かるのであれば、どのような塗料を使ったのか・耐用年数がすぎているのか尋ねるのも方法の1つです。どの業者に依頼したのか覚えていないという方は、ほかの塗装業者に外壁調査を依頼するといいでしょう。外壁調査では外壁がどのような状態になっているのか詳しく知ることができます。

3.外壁塗装の耐用年数がすぎている場合の対処法

ここでは、外壁塗装の耐用年数がすぎている場合の対処法を解説します。

3-1.修繕工事・メンテナンスを行う

耐用年数をすぎてしまったからと慌てる必要はありません。まずは、外壁調査を行っている業者に、現在の外壁がどのような状態になっているのか調べてもらいましょう。そして、外壁調査の結果に基づいて、最適な修繕工事とメンテナンス計画を立てていきます。きちんと事前に外壁調査を行うからこそ、適切な工事ができるようになるのです。老朽化が深刻な状態の場合は、建物のリフォームもしくは解体をすることになるでしょう。具体的な工事内容に関しては、塗装業者との打ち合わせで決めてください。

3-2.下地処理が必要になることも

軽度の劣化症状であれば、塗料の塗り替えでメンテナンスは完了しますが、下地まで影響を受けている場合は修繕工事が必要になるでしょう。たとえば、ひび割れが起きている場合、そのすき間を埋める作業をしなければなりません。また、下地の木材が腐敗している場合は、その木材を交換したり、新しく断熱材を入れたりする必要もあります。下地処理が必要になるほど費用も高額になりがちなので、しっかりと見積書を確認してください。どのような作業にいくらかかるのか確認してから依頼することも大切なポイントです。

3-3.外壁塗装業者選びにも要注意!

外壁塗装や工事を依頼する際は、依頼先選びも大切な要素です。外壁塗装を行っている業者の中には、きちんと工事をしてくれなかったり、後で高額な費用を請求したりする悪徳業者が存在しています。悪徳業者に引っかかってしまうと高額な費用が全部無駄になってしまうので、慎重に塗装業者を選ばなければなりません。どの塗装業者を選べばいいのか分からないという方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 外壁塗装の実績が豊富か
  • 施工事例がホームページ等に掲載されているか
  • スタッフの対応が丁寧かつスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 親身になって話を聞いてくれるか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 口コミや評判がいいか

4.外壁塗装の耐用年数を延ばすためのポイント

ここでは、外壁塗装の耐用年数を延ばすためのポイントをいくつか紹介します。

4-1.塗料にこだわる

できるだけ費用を抑えたいからと安価な塗料を使ってしまって失敗したというケースをよく聞きます。安価な塗料は確かに安く抑えることができますが、耐久性が低いのですぐに剝がれたり、耐用年数が短かったりしてしまいがちです。耐用年数を延ばすためには、塗料にこだわることをおすすめします。耐用年数を長持ちさせたい・コストパフォーマンスが良い塗料を使いたい方は、シリコン系・ラジカル系・フッ素系塗料が最適です。

4-2.外壁塗装の実績がある業者に依頼する

外壁塗装の実績がある信頼できる業者に依頼するのも、耐用年数を延ばす大切なポイントです。前述したように、塗装業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しています。悪徳業者による施工不良によって、耐用年数が早くなってしまうケースも増えているのです。悪徳業者は規定の塗布量を守らずに塗料を薄めて使ったり、いい加減な塗り方をしたりする傾向があります。きちんと正しく塗装しなければ塗料の効果を発揮させることはできません。工事費用の安さだけにこだわらず、しっかりと丁寧に塗装してくれる塗装業者か確認することが大切です。

4-3.外壁塗装の塗り回数を3回以上にしてもらう

外壁塗装の耐用年数を延ばすために、外壁塗装の塗り回数を3回以上にしてもらう方法があります。基本的に、外壁塗装は下塗り→中塗り→上塗りの3段階で塗料を塗っていくことになるでしょう。3回塗りは基本ですが、耐用年数を高めたいのであれば4~5回塗りを依頼する必要があります。4~5回塗りをすることで、しっかりと塗料が塗られるため、丈夫な塗膜が仕上がるというわけです。丈夫な塗膜は耐用年数も向上させることができるでしょう。

4-4.環境を知ることも大事!

外壁塗装の耐用年数は立地や環境にも影響を受けるため、住んでいる地域の環境を知ることも耐用年数を延ばす大切なポイントです。今、あなたは自分が住んでいるところの環境を熟知しているでしょうか。雨が多い地域であれば防水加工を施しますし、湿気が多い地域であれば風とおしのいい環境を整えなければなりません。また、サイディングボードといった外壁材で建てられた建物は、凍害という障害が起きやすくなります。外壁塗装がしっかり丁寧に施されて入れば防げる障害ですが、その土地のことを理解しておかなければ丁寧な塗装ができません。

5.外壁塗装の耐用年数に関してよくある質問

外壁塗装の耐用年数に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.定期的にメンテナンスを行ったほうがいいのか?
A.外壁塗装は定期的にメンテナンスを行うべきことです。劣化症状が起きるたびに補修やメンテナンスを行えばいいというわけではありません。劣化症状が目で確認できる状態で、すでに内部へ悪影響をおよぼしている可能性があります。また、定期的にメンテナンスをすることでより丈夫な塗装となり、耐用年数が延びるポイントになるでしょう。

Q.外壁材と塗料の相性は耐用年数に関係があるのか?
A.相性は関係あります。同じグレードの塗料でも、外壁材にとって耐用年数が変わるといっても過言ではありません。つまり、外壁材と相性のいい塗料を使えば、耐用年数も長くなるというわけです。逆に、相性が悪いと耐用年数が長くなるどころか、数年で塗膜が剝がれたりひび割れが起きたりしてしまいます。

Q.メーカー独自の耐久テストとは?
A.メーカーが独自に行う耐久テストのことです。基本的に自分の会社が出している塗料の耐久年数を調べることになります。多くは人工の太陽光を浴びさせた上で、どのような変化が起きるのか室内で試験するケースがほとんどです。きちんと試験を行い、基準をクリアした塗料だけ発売が決まることになります。きちんと耐久テストを行っているメーカーの塗料は安心して使えるでしょう。

Q.シーリングの耐用年数は?
A.シーリングの耐用年数は約7~10年がほとんどです。耐用年数が長いシーリング材を使うことで、外壁塗装の耐用年数も延ばすことができるでしょう。中には、15年以上保ち続けることができる最新のシーリング材もあります。特に、フッ素塗料はシーリング材が必要不可欠なので、15年以上のシーリング材を選んでください。

Q.外壁塗装の費用を抑えるコツは?
A.足場を使わない塗装を行うことです。一般的に、外壁塗装は足場を組み立てなければなりませんが、足場を組み立てずに塗装できる方法もあります。オフィスチャンプでは、足場を組み立てずにロープを使って塗装を行うため、足場代が節約可能です。外壁塗装における足場代は結構な金額を占めるものなので、足場代がカットできれば費用節約につながるでしょう。無料相談も受け付けているので、悩んでいる方はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

外壁塗装の耐用年数は、塗料の種類や外壁材・環境によって大きく変わります。耐用年数を知りたい方は、まず外壁の状態をチェックしてみるといいでしょう。劣化症状がみられる場合は耐用年数がすぎている可能性があるため、早めのメンテナンスをおすすめします。自分で耐用年数がすぎているか分からない場合は、外壁塗装の実績がある業者に依頼するといいでしょう。経験が豊富な塗装業者なら丁寧な施工をしてくれるので、安心して依頼できます。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!