外壁がひび割れる原因は何? 放置するリスク&対処法を徹底解説!


「外壁にひび割れができてしまったが、何が原因なのだろう」「ひび割れを放置するとどんなリスクがあるのか知りたい」とお考えではありませんか? 外壁にひび割れがあると、建物の美観を損ねるだけでなく、雨もりの原因になるなど、さまざまなデメリットがあります。まずは、どんな原因で外壁がひび割れるのか理解し、きちんと補修することが必要です。

そこで今回は、外壁のひび割れについて詳しく解説します。

  1. 外壁でひび割れが発生しやすい場所は?
  2. 外壁にひび割れが起こる原因は?
  3. 外壁のひび割れを放置するリスク
  4. 外壁のひび割れを補修する方法
  5. 外壁のひび割れに関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁のひび割れの原因や補修する方法などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.外壁でひび割れが発生しやすい場所は?

最初に、外壁でひび割れが発生しやすい場所を見ていきましょう。

1-1.窓のサッシ周辺

窓のサッシ周辺は、外壁にひび割れが発生しやすい場所です。主な理由として、窓の重さによる負担がかかりやすいことや、雨水が垂れやすいことが挙げられます。また、窓の開閉によりサッシ周辺にひずみが生じやすいこともあるでしょう。窓のサッシ周辺にひび割れが発生した場合、雨もりがしやすいのも特徴です。

1-2.ベランダ

ベランダも外壁にひび割れが発生しやすい場所といえます。ベランダは、建物より飛び出した構造になっているため、風雨や紫外線の影響を受けやすいからです。放置すると、ベランダ内部や下部に雨もりして腐食が進んでしまいます。外壁のひび割れがひどくならないうちに、きちんと補修することがおすすめです。

1-3.増改築時のつぎ目部分

増改築時のつぎ目部分も、外壁のひび割れが発生しやすい場所です。つぎ目部分は、周囲より強度が弱いため、ひび割れしやすくなります。また、増改築に伴い、換気扇などをふさいだ部分なども、元からある外壁と比較するとひび割れやすく、雨もりが発生することもあるので注意してください。

1-4.シーリング

外壁のシーリングもひび割れが起きやすいものです。シーリングは、サイディング材などのつなぎ目に使い、クッション材としての役割を持っています。しかし、経年や紫外線・風雨などの影響により素材が徐々に劣化するため、ひび割れてしまうのです。シーリングのひび割れを放置すると本来の役割を果たすことができず、外壁材も傷みやすくなるので早めに対処する必要があります。

1-5.基礎

外壁のひび割れは、基礎にもよく発生します。特に、大きな地震の後に見られやすいのが特徴です。基礎にひび割れが発生すると耐震性が低下するため、非常に危険な状態といえます。なお、特に大きな地震が起きていないのに基礎の外壁がひび割れた場合は、地盤沈下や建物の構造不良が原因の可能性があるでしょう。いずれにしても、専門業者に相談して速やかに補修してください。

2.外壁にひび割れが起こる原因は?

外壁にひび割れが起こる主な原因を詳しく解説します。

2-1.乾燥

乾燥によって外壁にひび割れが発生することがあります。主な原因は、下地剤と仕上げ用塗料の相性が悪い、下地剤が十分に乾かないうちに仕上げ用塗料を塗ってしまったなどです。ただし、ひび割れはごく浅く、髪の毛のように細いものが多くなりなす。そのため、比較的簡単に補修することが可能です。

2-2.経年

経年により外壁塗装の劣化が進むと、ひび割れが発生しやすくなります。塗料の材質が変化して、弾性が失われるからです。外壁塗装は、約10年で寿命を迎えます。前回の塗装から10年程度経過した外壁はでひび割れが見られる場合は、寿命を迎えたと考えてやり直しを考えるとよいでしょう。

2-3.風雨や紫外線

外壁は、常に屋外で風雨や紫外線にさらされている状態です。そのため、徐々に材質が変質し、ひび割れてしまいます。特に、ベランダなど突出した部分や、周囲に風雨をしのぐものがない場合は、風雨や紫外線の影響を受けやすいため、ひび割れが発生しやすいでしょう。

2-4.業者の施工不良

業者の施工不良が原因で外壁にひび割れが発生することがあります。たとえば、以下のようなことが原因です。

  • 下地の乾燥時間が不十分だった
  • 塗料の塗りムラあった
  • 必要な工程を手抜きにより飛ばした
  • 外壁材の配合ミス・設置ミス

2-5.設計ミス

建物の設計ミスにより特定の場所に大きな力が加わり、ひずみが生じて外壁がひび割れることがあります。設計ミスで外壁のひび割れが見られる場合、そのほかの点でも何らかの不具合があることが多いでしょう。たとえば、床が傾斜している、引き戸が完全に閉まらないなどです。設計ミスによる外壁のひび割れは、単なるひび割れ補修するだけでは解決できません。最悪の場合、建て直す必要があるでしょう。

2-6.自然災害

自然災害の影響で外壁にひび割れが発生することもあります。特に、震度5以上の地震が起きると、外壁が揺れの大きさに耐えきれずにひび割れやすくなるでしょう。地震による外壁のひび割れは深いことが多く、基礎に近い部分で広範囲にわたることもあり大変危険です。また、地盤沈下により大きな力が建物に加わって外壁がひび割れることもあります。

3.外壁のひび割れを放置するリスク

外壁のひび割れを放置するとどんなリスクがあるか見ていきましょう。

3-1.建物の美観を損ねる

外壁のひび割れを放置すると、建物の美観を損ねます。外壁のひび割れが目立つようになれば、古びた印象になることでしょう。自社ビルなどは、外壁のひび割れを放置することで、だらしがない、外壁を補修する余裕がない、といったマイナスイメージにつながることもあります。建物の美観を保ち、思わぬイメージダウンを避けるためにも、外壁のひび割れを放置してはいけません。

3-2.雨もりの原因になる

外壁のひび割れを放置すると、雨水が浸水して雨もりが発生する原因になります。雨もりが発生すると、外壁だけでなく内壁まで腐食が進んで、深刻なダメージを与えることがあるので注意してください。雨もりが発生した場合、補修工事が大がかりになるのもデメリットです。また、カビが繁殖して健康被害をおよぼすリスクが高まるなど、よいことはありません。

3-3.外壁の強度が下がる

外壁のひび割れを放置すると、外壁の強度が下がるのいけません。外壁は、建物を風雨などから守り、補強する役割もあります。しかし、ひび割れが進行した状態では、本来の役割を果たすことができません。特に、基礎に近い部分で、広範囲かつ深いひび割れが発生いている場合は、放置すると震度5程度の地震でも外壁が崩れ落ちたり建物が倒壊したりする恐れがあります。

4.外壁のひび割れを補修する方法

外壁のひび割れを補修する方法について、自分で補修する場合と業者に依頼する場合に分けて詳しく解説します。

4-1.自分で補修するか業者に依頼するかの判断基準は?

外壁のひび割れを発見した場合、自分で補修するか業者に依頼するかの判断は、以下の基準を参考にして決めるとよいでしょう。

自分でも修復可能なケース

  • 外壁塗装がごく一部で浅くひび割れている
  • シーリング材が部分的にひび割れている

業者に依頼するべきケース

  • ひび割れが深いもしくは広範囲に発生している
  • ひび割れが高所や基礎などに発生している
  • ひび割れ以外にも雨もりなどのダメージがある
  • 外壁材や外壁塗装が寿命を迎えている
  • ひび割れの原因がよく分からない

4-2.自分で補修する場合

外壁のひび割れを自分で補修する場合の方法をご紹介します。

4-2-1.外壁塗装を補修する

外壁のひび割れでも、ごく浅く部分的に発生している場合、外壁塗装を補修することで対応できます。ホームセンターなどで外壁の色に近い外壁補修材を購入し、ひび割れ部分に塗布してください。なお、ひび割れが広範囲に見られたり深かったりする場合は、外壁塗装の補修だけでは対応できないため、業者に依頼しましょう。

4-2-2.シーリング材を補てんする

シーリングのひび割れがごく浅く部分的な場合は、シーリング材を補てんすることで対応できます。ホームセンターなどでシーリング材を購入し、ひび割れた部分に注入して表面をなよくならし、乾燥させて完了です。ひび割れが深い、広範囲におよぶなどの場合は、シーリングのやり直しが必要なので、業者に依頼することをおすすめします。

4-3.業者に依頼する場合

外壁のひび割れを業者に依頼した場合の補修方法を解説します。

4-3-1.外壁塗装をやり直す

外壁塗装でひび割れが深かったり広範囲にわたっていたりするときは、業者に依頼して外壁塗装をやり直すのが一般的です。業者に依頼した場合、外壁塗装をはがして下地から塗り直すことになります。このとき、外壁材の傷みが見られるときは、外壁材の補修や交換も必要になるでしょう。

4-3-2.外壁材を交換する

外壁材の劣化にるひび割れの場合は、外壁材を交換して対応することになります。外壁材にも寿命があり、経年などの理由で徐々に劣化するため、補修作業だけでは対応できないことがあるからです。なお、外壁材を交換する場合、外壁塗装のやり直しより費用が高くなり、工期も長引く傾向があります。今は、サイディング外壁など短い工期でコスパに優れる外壁材もあるので検討してみるとよいでしょう。

4-3-3.シーリングをやり直す

シーリングがひび割れている場合、ごく軽いものはシーリング材の充てんにより補修することが可能です。しかし、ひび割れが広範囲にわたっていたり深かったりする場合は、元のシーリングを除去してやり直すことになります。業者にシーリングのやり直しをしてもらえれば、すぐにひび割れが再発する心配もなく、良好な状態を長く維持することが可能です。

4-4.外壁のひび割れ補修は信頼できる業者に依頼すること

外壁のひび割れ補修は、以下のポイントを参考にして信頼できる業者に依頼すると安心です。

  • 外壁のひび割れ補修で豊富な実績がある
  • 丁寧さ作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • スタッフが親切で礼儀正しい
  • 現地視察および見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • 顧客からの評価か高い
  • 保証やアフターフォローが充実している

なお、当オフィスチャンプでも、外壁のひび割れ補修をお受けしています。無足場工法を採用し、リーズナブルな料金で高品質な仕上がりを実現していますので、ぜひご検討ください。

5.外壁のひび割れに関するよくある質問

最後に、外壁のひび割れに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.外壁塗装のひび割れ補修に必要な日数は?
A.部分的なひび割れで簡単な補修作業で済む場合は、半日程度です。ひび割れが深い、広範囲に見られるなどの場合は、数日かかることもあります。詳しくは、業者に現場視察をしてもらって確認してください。

Q.外壁塗装をやり直したばかりなのにひび割れができたのですが?
A.まずは、証拠を残すためにひび割れの部分をデジカメやスマホなどで撮影してください。その後、業者に連絡して現場確認をしてもらいましょう。施工不良など、業者に明らかな落ち度がある場合は、すぐにやり直してもらえます。

Q.自分で補修する途中で挫折してしまったらどうする?
A.無理をせず、途中からでも業者に依頼しましょう。費用はかかりますが、自分でやるより効率がよくキレイに仕上がります。

Q.外壁のひび割れが目立ちにくい塗料の色は?
A.比較的目立たないのは、薄いグレーや薄いグリーンです。ただし、ひび割れに汚れが入り込むとどんな色でも目立ちます。また、ひび割れが目立ちにくいからと放置すると、外壁材が傷みやすくなるので注意が必要です。

Q.トタンや金属製サイディングの外壁にすればよいのでは?
A.モルタル外壁などと比較すれば、ひび割れの心配は少なくなるでしょう。しかし、トタンや金属製サイディングは、経年などでサビが出るというデメリットがあります。

まとめ

今回は、外壁のひび割れについて詳しく解説しました。外壁のひび割れを発見したら、早めに対処することが大切です。そのまま放置するとひび割れが悪化して、外観イメージが悪くなるだけでなく、雨もりが発生したり建物の強度が落ちたりする原因になります。まずは、ひび割れの場所と状態を確認し、自分で対処するか業者に依頼するか考えてみましょう。なお、外壁のひび割れ補修は、この記事を参考にして信頼できる業者に依頼することをおすすめします。自分で対処するよりキレイに仕上がるため、満足できることでしょう。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!