外壁リフォームで補助金は受けられるのか? 補助金申請の手続きなど解説


外壁リフォームを行う際、条件さえ当てはまれば補助金を受けることができます。ただし、補助金制度を受けるためには、しっかりと条件をチェックしておかなければなりません。また、どこに申請すればいいのか・どのように手続きをすればいいのかなど、外壁リフォームの補助金で悩んでいる方は多いでしょう。

そこで、本記事では、外壁リフォームの補助金制度について詳しく説明します。

  1. 外壁リフォームで補助金は受けられるか
  2. 外壁リフォームの補助金制度について
  3. 外壁リフォームの補助金申請の手続き
  4. 外壁リフォーム業者の選び方
  5. 外壁リフォームの補助金に関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁リフォームの補助金申請について分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.外壁リフォームで補助金は受けられるか

まずは、外壁リフォームで補助金は受けることができるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.外壁リフォームにおけるさまざまな支援

外壁リフォームといってもその内容はさまざまですが、補助金という支援を受けることができます。国や自治体によって、外壁リフォームの補助金制度が用意されているからです。さまざまな支援を受けることができれば、外壁リフォームの費用を最小限に抑えられるメリットがあります。けれども、すべての外壁リフォームが補助金を受けられるわけではありません。補助金制度が利用できる外壁リフォームとして代表的な工事は、ブロック塀の撤去・耐震診断・耐震改修などがあります。補助金を受けられるかどうかは、外壁リフォームの工事内容がポイントになるでしょう。

1-2.条件を満たさなければならない

外壁リフォームの補助金制度で知っておかなければならないことがあります。それは、補助金制度を利用する際は、その条件を満たさなければならないことです。外壁リフォームの補助金を受けるにはそのリフォーム内容に合っていなければなりませんが、そこには条件がいくつか設定されています。たとえば、バリアフリーリフォームの場合、要支援・要介護認定を受けた方の一定の条件を満たすリフォームなどです。補助金制度によって条件は異なるため、きちんと確認しておく必要があります。

2.外壁リフォームの補助金制度について

ここでは、外壁リフォームの補助金制度について詳しく説明します。

2-1.自治体によってガイドラインは異なる

前述したように、外壁リフォームにおける補助金制度のガイドラインは自治体によって大きく異なります。そのため、まずは補助金が受給できる条件に当てはまるかどうかチェックしなければなりません。耐震以外にもバリアフリー・省エネといった外壁リフォームが補助金の対象になっていますが、すべてのリフォームに当てはまる補助金の相場は約3万~10万円になるでしょう。ガイドラインによって受給できる金額は変わったとしても、全額を負担してくれるケースはないので注意が必要です。補助金を利用したい方は、自治体の担当窓口に相談することをおすすめします。

2-2.どんな補助・助成制度があるのか?

自治体によってガイドラインは異なりますが、外壁リフォームにおける主な補助・助成制度は以下のとおりです。

介護保険による助成:再大14万~18万円

  • 要支援または要介護認定を受けた方の一定の要件を満たすリフォーム
  • 助成対象となる改修費用は最大20万円まで
  • 所得に応じ改修費用の7~9割が給付される

省エネに関するリフォーム

  • 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業
  • 次世代省エネ建材支援事業
  • ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業
  • 地域型住宅グリーン化事業

2-3.補助金を利用するための条件も要チェック!

補助金を利用するための条件には、一体どのような内容があるのか例をいくつか紹介します。

  • 居住するための家のリフォームであること
  • リフォーム内容が補助金給付の条件を満たしていること
  • 税金を納付していること
  • 暴力団員でない。もしくは暴力団および暴力団員と密接な関係を有していないこと

自治体の多くは上記のような条件を設定しています。県民税・市民税などを滞納していると補助・助成金を受けることはできないので注意しなければなりません。また、自治体によって異なりますが、屋根に利用できる補助金の多くは断熱改修だけ適用できるなど、リフォーム箇所によっても条件が変わる可能性があります。

3.外壁リフォームの補助金申請の手続き

ここでは、外壁リフォームの補助金申請方法や手続きについて解説します。

3-1.補助金の申請方法における手順を紹介

一般的な申請方法として、補助金の申請方法における大まかな手順を紹介します。

  1. 事前申込書類を入手し必要事項を記入する
  2. 補助金交付申請書(兼実績報告書)を提出する
  3. 補助金交付決定通知書と補助金額確定通知書を受け取る
  4. 補助金交付請求書を提出して完了

あくまで目安となりますが、自治体や外壁リフォームの内容などによって流れが変わる可能性もあるので注意してください。補助金の申請方法や必要な書類も自治体によって異なります。自治体のホームページをチェックしたり、窓口に相談したりするなどして確認することが大切です。

3-2.施工前に事前申請しなければならない

一般的に、補助金の申請はリフォーム工事を行う前に申請しなければなりません。工事を終えてから申請したとしても受け付けてもらえない可能性が高いので注意してください。事前申請が必要になっているのは、希望者多数の場合、抽選によって交付者を決定しているからです。事前申請を行って交付金受給の許可を取得してから施工を始めるようにしましょう。また、施工開始の時期はきちんと施工業者に補助金の事情を説明しなければなりません。さらに、補助金は施行前に受給するのではなく、工事後に受けることになります。だからこそ、申請をする際に補助金交付申請書(兼実績報告書)を提出する必要があるのです。

3-3.書類を事前に用意しよう!

外壁リフォームの補助金をスムーズに受けるためにも、必要な書類をあらかじめ用意しておきましょう。たとえば、工事前の写真・見取り図・平面図・立面図などが必要になるケースがあります。これらを自治体がしっかりとチェックすることで、条件を満たすリフォームが行われたかどうか確認されるというわけです。立面図や平面図は専門家に作成してもらう場合があり、その場合は時間も費用もかかってしまいます。補助金は予算枠に達成すると期間中であっても申し込みが締め切られる可能性があるので、早めに必要な書類を準備することが大切です。

4.外壁リフォーム業者の選び方

ここでは、外壁リフォーム業者の選び方について解説します。

4-1.リフォーム実績があるか

外壁リフォーム業者を選ぶ際は、リフォーム実績があるかチェックしてください。なるべく実績があるリフォーム業者を選んだほうが、安心して工事を任せることができるでしょう。逆に、リフォーム実績がない業者は信用できず、トラブルになってしまう恐れがあります。これまでどのようなリフォーム工事を手がけてきたのか、ホームページで施工実績を確認してください。ホームページ等に施工実績が掲載されていない場合はスタッフに尋ねるといいでしょう。その際に詳しく説明してくれないところは要注意です。

4-2.補助・助成金について詳しいか

外壁リフォーム業者を選ぶ際は、補助・助成金について詳しい知識を持っているかどうかもチェックしておきたいポイントです。自治体によって異なりますが、多くは施工業者の本社が自治体内にあることを補助・助成金受給の条件としています。つまり、リフォーム業者の支店や営業所は補助金の対象とされないということです。補助・助成金を利用する際は、全国に展開している業者よりも地域密着型のほうが有利ともいえるでしょう。

4-3.スタッフが親身になって話を聞いてくれるか

スタッフが親身になって話を聞いてくれるかも、リフォーム業者を選ぶ際の重要なポイントです。リフォーム工事について説明をしてくれなかったり、いい加減な見積書を提示したりするなど、不安要素のある業者には依頼しないように気をつけましょう。どのような質問や内容でも分かりやすく説明してくれるリフォーム業者なら安心して依頼できます。なるべくスタッフの対応が丁寧でスピーディーなリフォーム業者を選んでください。

4-4.複数の業者に見積もりを依頼する

外壁リフォーム業者を選ぶ際は、複数の業者に見積もりを依頼することも大切なポイントです。複数の業者を比較することで、それぞれの特徴が分かりやすくなります。つまり、悪徳業者を見極めやすくなるということです。相場よりも安く見積もる業者へ依頼しがちですが、安すぎるリフォーム業者は悪徳業者の可能性が高いので注意しましょう。また、実際に依頼した人の口コミや評判をチェックすることも大切なポイントです。

5.外壁リフォームの補助金に関してよくある質問

外壁リフォームの補助金に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.リフォームの減税とは?
A.所得税の控除や固定資産税の軽減などを示しています。バリアフリー・省エネ・耐震などにリフォームにおいて税金の優遇を受けることができるでしょう。リフォームの減税を利用する際は、確定申告や必要書類の提出が必要になるので忘れずに用意しておかなければなりません。また、一括払いによるリフォームの場合、最大で20万~25万円が所得税から控除される可能性もあります。どのようなリフォームの減税が受けられるのか、情報収集から始めましょう。

Q.外壁リフォームの補助金内容は?
A.たとえば、静岡県浜松市の場合、省エネ改修に伴う固定資産税の減額や創エネ・省エネ・蓄エネ型住宅推進事業費補助金などがあります。そのほか、さまざまな補助金や助成金があるので、ぜひチェックしてください。また、ここで紹介した補助金内容がすでに受付を終了している可能性もあるため、詳しくはお住まいの地域のホームページをしっかりと確認しましょう。

Q.助成金と補助金の違いは?
A.受給内容に大きな違いがあります。助成金は特定の塗料を使うなど条件を満たしていれば誰でも受けることができる制度です。一方、補助金は受給のための審査があります。審査を合格した人だけ受給ができる仕組みになっているため、助成金よりも厳しめです。そのため、助成金よりも補助金のほうが支給額が高い傾向もあります。補助金同士は組み合わせることはできませんが、減税とは併用が可能です。

Q.外壁リフォームの補助金を受ける際の注意点は?
A.自治体におけるガイドラインをしっかりと確認することです。たとえば、自治体の中には同一の業者が施工した費用しか対象にならないケースがあります。施工費用が補助金の上限にまで達していないため、必要箇所に加えてほかの箇所を別の施工業者に依頼する人がいるでしょう。けれども、施工費用が補助金の上限に達成していたとしても、別々の業者に依頼するとすべての費用が補助金対象外になってしまいます。同一業者の施工費用しか対象にならない場合は、なるべく幅広い分野で施工できる業者に依頼することが大切です。

まとめ

外壁リフォームの内容によっては、国や地方が定めた補助金を受けることができます。大切なのは、補助金を受けられる条件を満たしているかどうかです。条件を満たすことができれば、申請して補助金を受けることができるでしょう。まずは、検討している外壁リフォームの内容をハッキリとした上で、条件を満たす補助金制度を見つけなければなりません。リフォーム業者の中には、補助金制度の相談を受け付けているところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!