外壁にできる雨だれを除去する方法は? 雨だれの発生を防ぐコツも紹介


「外壁にできる雨だれは除去できるのか」「どうすればきれいに除去できるのか?」など、外壁にできる雨だれで悩んでいる方は多いでしょう。なかなか落ちないからとデッキブラシで強くこすってしまうと外壁が傷ついてしまうので注意しなければなりません。では、どうすれば外壁を傷つけずに雨だれを取り除くことができるのでしょうか。

本記事では、外壁にできる雨だれの正体や除去するコツなどを解説します。

  1. 外壁にできる雨だれの正体は?
  2. 外壁の雨だれを除去するには?
  3. 業者に雨だれの除去を依頼する場合は?
  4. 雨だれの発生を防ぐには?
  5. 外壁の雨だれに関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁の雨だれを防ぐポイントも分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.外壁にできる雨だれの正体は?

まずは、外壁にできる雨だれの正体をチェックしておきましょう。

1-1.原因はさまざまな汚染物質

外壁にできる雨だれの原因は、空気中の排気ガス・雨に含まれる炭酸カルシウム・土ぼこりといった汚染物質です。空気中にはさまざまな汚染物質が含まれており、それが外壁にこびりついては頑固な汚れになってしまいます。雨だれを放置すればするほど、通常の水洗いでは落ちにくくなるでしょう。また、窓に蓄積された汚れが雨の日に落ちてしまい、その流れた跡が雨だれになるケースもあります。外壁の汚れだけでなく、窓の汚れも雨だれの原因になってしまうのです。

1-2.外壁塗料が劣化しているほど雨だれがつきやすい

新築のときは雨だれがつかなかったのに……と不思議に感じている方は多いでしょう。塗装したばかりの外壁に雨だれが発生しないのは、しっかりと塗装の効果が発揮されているからです。一般的に使われている塗料には、水や汚れを弾く力があるので塗装したばかりの外壁に雨だれはつきません。けれども、外壁の塗装は10年が寿命だといわれており、外壁表面の塗料が劣化しては水や汚れを弾かなくなってしまいます。その結果、汚染物質がつきやすくなり雨だれとして残ってしまうのです。

2.外壁の雨だれを除去するには?

ここでは、外壁の雨だれを除去する方法とポイントを解説します。

2-1.家庭用の中性洗剤を使う

雨だれを除去する方法として、家庭用の中性洗剤を使う方法があります。中性洗剤はほとんどの家庭にあるものなので、気軽に掃除できるでしょう。前述したように、雨だれの原因はさまざまな汚染物質であり、ほとんどの汚れは中性洗剤で落とすことができます。誰でも簡単にできる方法ですので、主な手順は下記を参考にしてください。

  1. 最初に外壁を水で洗い流す
  2. 土やホコリなど大まかな汚れを落とす
  3. ぬるま湯で薄めた中性洗剤をスポンジに含ませる
  4. 雨だれの部分をスポンジでやさしくこする
  5. 水で洗剤と汚れをしっかり落とす

力を入れて外壁をこすってしまうと傷つける恐れがあるため、やさしく丁寧に雨だれをきれいに落とすのがポイントです。また、洗い終わったらしっかりと洗い流してください。洗剤が外壁に残ったままだと変色してしまう恐れがあるので要注意です。

2-2.市販の外壁クリーナーを使う

家庭用の中性洗剤で落ちないときは、外壁用の専用クリーナーを使ってみてください。ホームセンターなどで外壁用の専用クリーナーが購入できます。市販クリーナーを使う際は、下記の手順を参考にしてください。

  1. 最初に外壁を水で洗い流す
  2. 土やホコリなど大まかな汚れを落とす
  3. 市販クリーナーをスポンジにつける
  4. 雨だれ部分をやさしくスポンジでこする
  5. 最後にクリーナーと汚れを落として完了

なお、市販クリーナーを使う際は、メガネや手袋をして保護します。体にクリーナーが飛ばないように気をつけてください。高所にある雨だれを除去する際は、長い柄のスポンジを使うのも方法の1つです。

2-3.高圧洗浄機を使う

市販クリーナーでも雨だれがきれいにならない場合は、最終手段として高圧洗浄機を使う方法があります。家庭用の高圧洗浄機だと、ホームセンターなどで約1万~8万円で購入できるでしょう。家庭用中性洗剤や市販クリーナーよりも割高ですが、高圧洗浄機は車や土間など外壁以外にも活用できます。けれども、高圧洗浄機の水圧が強すぎると外壁を傷つけてしまう恐れがあるため、水圧の調整に注意が必要です。また、外壁やシーリングが劣化している場合、高圧洗浄機を使うと水が室内に浸入してしまう恐れもあります。その点を踏まえた上で、高圧洗浄機を使いましょう。

3.業者に雨だれの除去を依頼する場合は?

ここでは、業者に雨だれの除去を依頼する方法とポイントを解説します。

3-1.外壁塗装業者に依頼する

雨だれの除去は、外壁塗装業者に依頼できます。ただし、すべての外壁塗装業者が雨だれの除去や外壁洗浄を行っているわけではないので事前の確認が必要です。自分で洗浄しても雨だれが除去できなかったり、外壁を傷つけるのが怖かったりする方は、雨だれの除去を行っている外壁塗装業者に依頼しましょう。外壁塗装業者の多くは、業務用の高圧洗浄機や特殊な洗剤を使って除去します。外壁や塗料が劣化している場合は、外壁修繕や塗り替えも併せて依頼できるでしょう。

3-2.雨だれ除去の費用相場は約200~300円/㎡

あくまで目安とですが、雨だれ除去の費用相場は約200~300/㎡です。一般的な住宅になると、約25,000~40,000円になるでしょう。ただし、この費用は高圧洗浄機を用いた場合であり、下地補修や塗装が必要になった際はもっとかかる可能性があります。また、通常の高圧洗浄ではなく、バイオ洗浄にする場合も費用は割高になるでしょう。バイオ洗浄とは、洗浄剤を使った高圧洗浄のことで通常よりも汚れが落ちやすい傾向があります。

3-3.外壁塗装業者選びに要注意!

外壁塗装業者に雨だれの除去を依頼する際は、サービス内容はもちろんのこと見積書の内容や料金体系にも注意しなければなりません。中には、作業終了後に高額な費用を請求する悪質な業者が存在しています。実際に、悪徳業者とトラブルになったというケースも増えているため、外壁塗装業者選びは慎重に行ってください。どの外壁塗装業者に依頼すればいいのか分からなくなったときは、下記のポイントを参考にするといいでしょう。

  • 雨だれの除去だけでなく外壁塗装や補修も行っているか
  • サービス内容や施工事例などがホームページに記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • どのような質問にも分かりやすく説明してくれるか
  • 口コミや評判がいいか

大阪と東京を中心に外壁塗装・外壁リフォームを行っているオフィスチャンプでは無料相談を受け付けています。雨だれや外壁塗装などでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

4.雨だれの発生を防ぐには?

ここでは、雨だれの発生を防ぐ方法とポイントを解説します。

4-1.汚れにくい塗料で塗り替えをする

雨だれを防ぐ方法として、汚れにくい塗料で塗り替えをする方法があります。特に、外壁塗装が劣化しているときは、新しい塗料への塗り替えが必要です。塗料の種類はたくさんありますが、なるべく汚れにくい種類を選びましょう。汚れにくい塗料といえば、セルフクリーニング機能や光触媒などの効果を持っている塗料が代表的です。自然の力で汚れを落としてくれる効果が含まれているので、より汚れにくい外壁になるでしょう。汚れにくい塗料を使用するだけでも、塗装で表面がコーティングでき、雨だれがつきにくくなります。

4-2.窓に雨だれ防止のアイテムを設置する

最初にお話したように、雨だれは窓から流れてくる汚れが原因でもあります。そのため、窓下の雨だれが気になる方は、窓に雨だれ防止のアイテムを設置してください。たとえば、水切りやストッパーなどがあります。これらのアイテムを窓の角部分に設置することで、雨だれが防げるでしょう。ホームセンターで雨だれ防止のアイテムを購入し自分で設置できますが、作業が困難ですので外壁塗装業者に依頼してください。

4-3.外壁を汚れが目立たない色にする

外壁を汚れが目立たない色にするのも、雨だれ防止策の1つです。汚れに強い塗料を選ぶのはもちろんのこと、長期間の汚れを防ぐために汚れが目立ちにくい外壁の色を選んでください。白・黒といった原色系の色は汚れが目立ってしまうのでおすすめしません。どちらかというとグレー・ベージュといった中性色のほうが、雨だれの汚れを目立たなくしてくれるでしょう。外壁塗装を新しくする際は、外壁の色にも意識してみてください。

4-4.定期的に外壁を掃除する

雨だれを防ぐためには、定期的に外壁を掃除することも大切なポイントです。前述したように、雨だれは放置すればするほど頑固な汚れになってしまい、落ちにくくなります。早めに掃除すれば雨だれをすぐに除去できますし、定期的な清掃によって未然に防ぐことができるでしょう。時間があるときにも外壁の状態をチェックしてみてください。汚れを見つけた際は、ホースやスポンジを使って水洗いしましょう。

5.外壁の雨だれに関してよくある質問

外壁の雨だれに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.汚染物質がたまりやすい場所は?
A.汚れがたまり安いのは、窓など外壁まわりで出っ張っている場所です。外壁全体はもちろんのこと、窓枠・出窓の天板部分など目につきにくい箇所を重点にチェックしてください。また、外壁だけでなくポストも雨だれがつきやすい傾向があるので要注意です。外壁に見られる雨だれの汚れは、最初、エクステリアの一部分に汚れがたまります。そのたまった汚れが雨で下部に流され、蓄積された汚れが雨だれになるというわけです。

Q.自分で雨だれを除去する際の注意点は?
A.なるべく、風が強い日や雨の日は避けることです。せっかく雨だれをきれいにしても、すぐに汚れが付着してしまう恐れがあります。効率よく雨だれを除去するためにも、穏やかな天候の日に作業をしてください。また、高所での作業は十分に注意しなければなりません。足元が不安定になるため、転倒して大ケガをする恐れがあります。そして、住まいの状態によっては高圧洗浄ができないケースもあるので要注意です。たとえば、外壁にたくさんのひび割れが起きていたり、ひどい劣化症状が起きていたりする際は、高圧洗浄をすると室内に水が浸入してしまうため、まずは外壁の補修を行う必要があります。

Q.低汚染塗料とは?
A.塗膜表面の親水性を高めた塗料のことです。親水性を高めることで外壁に汚れがつきにくく、雨で流されやすくなります。汚れが雨で流されると壁面に付着してしまうのでは……と不安になる方はいますが、壁面に汚れが付着することはほとんどありません。光触媒塗料と同じく、雨だれがつきにくい塗料といえるでしょう。

Q.外壁塗装業者に依頼したほうがいいケースは?
A.雨だれだけでなく、外壁に劣化症状が現れている場合は外壁塗装業者に相談したほうがいいでしょう。主な劣化症状としては以下のとおりです。

  • ひび割れ(クラック)
  • チョーキング現象(外壁に触ると白い粉がつく現象)
  • コケやカビの発生
  • 塗装の色あせ・変色
  • コーキング部分の劣化

Q.費用を最小限に抑えるコツは?
A.できるだけ、雨だれの除去費用を抑えたい方は、実績のある外壁塗装業者に依頼するのが大切です。たとえば、外壁塗装や外壁リフォームを行っているオフィスチャンプでは、足場を組み立てない無足場工法を採用しています。足場の組み立てと撤去にかかる費用は全体の3分の1を占めているといわれているため、無足場工法を活用すれば大幅な節約が期待できるでしょう。オフィスチャンプは、無足場工法に長(た)けている職人が作業を行うのでご安心ください。

まとめ

外壁にできる雨だれは、空気中の排気ガスや土ぼこり・雨に含まれる炭酸カルシウムが主な原因です。どのような汚れが雨だれになるのか、しっかりと把握しておけば適切な方法で除去でき、未然に防ぐこともできます。自分で除去する場合、雨だれには家庭用の中性洗剤が効果的です。ただ、頑固な雨だれをきれいに落とすのは困難ですので、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。また、外壁塗装リフォームを検討中の方は、汚れにくい塗料を選ぶと雨だれの防止につながります。


工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!